顔写真を西洋風な肖像画にしてくれるサービス「AI画伯」がおもしろい!

海外で話題となっている「AI画伯」は、その名の通り、AIが自動で西洋画風の肖像画を作成してくれるユニークなサービス。

用意するのは、肖像画にしたい人の顔写真。Webサイトにアップロードすると自動で顔を認証し、10種類の絵のタッチのなかから好きなタイプを選ぶことができる。

「物は試し......」ということで、自分の顔写真で体験してみた。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

すごい……!本当にそれっぽい肖像画ができている……!

人とは違うおもしろいSNSアイコンが好きなそこのあなた。次は西洋画風の肖像画なんてどうだろう?

『AI画伯』

【公式サイト】https://ai-art.tokyo/#/

Top image: © 2020 AI画伯
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
オルビス株式会社が「ORBISアプリ」内で新たにスタートしたサービス「AI未来肌シミュレーション」は、現在の肌状態と生活習慣の状況、顔画像解析結果をもとに...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。