「イタリア人じゃなくて良かった。ずっと新鮮に感じられるから」。ノスタルジックな水彩画

イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。

ビクトリア・クラフチェンコさんが水彩画で描いたイタリアの街角も、どこかノスタルジック。

耳をすますと、街を走る電車の音や、ざわめき、教会の鐘の音まで響いてきそうだ。

人生のテーマは
「水彩と建築」

ビクトリアさんは、ウクライナ・キエフ出身の24歳。2年前からイタリアのミラノへ拠点を移した。

もともと建築を学んでいたものの、現在はフリーの「水彩画家」として活躍している。

「私の人生のテーマは水彩と建築で、ふたつは密接に関係しているの。大学での建築の課題がきっかけで、水彩画がもつ軽量感と透明感、予測不可能な仕上がり、という魅力にとりつかれてしまったの。建物や橋、通り、都市などの人工的な建造物は、私の最大のインスピレーションの源と言えるわ」

現在暮らしの中心になっているイタリアは、とくにビクトリアさんのインスピレーションを刺激する。こ

イタリア人に生まれなかったことを神様に感謝しなきゃね。なぜかって? 言語や伝統、歴史を勉強して、新たに文化や、建築、生活様式を知るたびに感動を覚えるからよ」

ビクトリアさんは現在、水彩画の講師もしているそうです。

「これから水彩画を始めたいと思っているなら、何よりもまずは楽しむこと。上手い下手は考えないでほしい。水彩画は透明な色の層を重ねて描いていくものだから、様々な色の組み合わせを試してみましょう。上達するには、スケッチで構造を学び、とにかくたくさん描くことよ」

Licensed material used with permission by Viví Watercolours
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちく...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...