イタリアのファニチャーブランドが作ると、「サイクルスタンド」はこうなる

ミラノ発のVadoliberoは、サイクリスト向けのファニチャーブランド。男心をくすぐるサイクルスタンドを多く制作しているのですが、中でも目を引くのがコレ。

自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」です。このようなタイプは珍しくないのだけど、無駄のないデザインがイイ!

ちなみに、本体の白い部分はライトになっているとのこと。部屋に自転車を置きたいなら、1つの選択肢として考えてもいいかもしれませんね。約25万円で購入できます。

6719397028691968
©Ran Reuveni / Vadolibero
5601775218327552
©Ran Reuveni / Vadolibero
6251150382727168
©Ran Reuveni / Vadolibero
4597078751707136
©Ran Reuveni / Vadolibero
Top image: © Ran Reuveni / Vadolibero
60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...