イタリア職人の「こだわり」だけを集めた、オイシイ地図。

10月30日に、イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」が解禁されます(一説にはボジョレーより美味いとか)。いつも、この時期になると思い出すのは、シチリア島にあるワイナリーから作られたワインしか飲まない、というイタリア出身の頑固な友人。

でも、違う視点でちょっと考えてみると、イタリア人には何かに誇りを持つというDNAが染み付いているんじゃないでしょうか。例えば、革職人や仕立て屋、ファッションデザイナーみたいに。もちろん、料理人にだって。

そんな彼らの”誇り”を存分に味わえる地図を紹介しましょう。

「最高のピザ」を
見つけるための地図

のちにハイライトする地図は、イタリア屈指のピザ専門店「ピッツェリア」だけを集めたものです。

でも、正直な話、イタリア料理を楽しむ方法はたくさんあります。リストランテで高級感のある食事を味わうこともできるし、トラットリアで友人と盛り上がりながらご飯を楽しむことだってできる。

それでも、あえてピッツェリアを選んだ製作者の気持ちを汲み取ると、そこに「誇り」を感じることができるから、では?

多くの具材を組み合わせて、日本では見たことないような豊富な種類のピザを提供するところもあります。若い世代にウケるようにビジュアルにこだわって、味を改良しているお店だって。さらには、マルゲリータかマリナーラしかメニューにないような、クラシックな場所も存在します。

要するに、それぞれの店や職人の考えを反映して、「ここでしか味わえないピザ」を追究したのがイタリアのピッツェリア。

こんな長い前置きを踏まえた上で、「Best Pizzas in Italy」の紹介です。

ここには、イタリア版ミシュラン「ガンベロ・ロッソ」がピックアップしたお店や、同国でも権威のある「Tre Spicchi」や「Tre Rotelle」といった賞を受賞したピッツェリアが反映されています。

また、若い世代に向けて作られているデザートピザや、あまり食欲のない人向けの小さいピザが食べれる店を知ることができるのもポイント。

イタリアは頻繁に行く場所ではないかもしれません。だからこそ、旅行の際には、少し頑固なくらいの”誇り”を味わってみるのも、悪くないのではないでしょうか。

イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...