イタリア職人の「こだわり」だけを集めた、オイシイ地図。

10月30日に、イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」が解禁されます(一説にはボジョレーより美味いとか)。いつも、この時期になると思い出すのは、シチリア島にあるワイナリーから作られたワインしか飲まない、というイタリア出身の頑固な友人。

でも、違う視点でちょっと考えてみると、イタリア人には何かに誇りを持つというDNAが染み付いているんじゃないでしょうか。例えば、革職人や仕立て屋、ファッションデザイナーみたいに。もちろん、料理人にだって。

そんな彼らの”誇り”を存分に味わえる地図を紹介しましょう。

「最高のピザ」を
見つけるための地図

C2573d8dc1f5ea4e08c5cf8d03628501c18927dd

のちにハイライトする地図は、イタリア屈指のピザ専門店「ピッツェリア」だけを集めたものです。

でも、正直な話、イタリア料理を楽しむ方法はたくさんあります。リストランテで高級感のある食事を味わうこともできるし、トラットリアで友人と盛り上がりながらご飯を楽しむことだってできる。

それでも、あえてピッツェリアを選んだ製作者の気持ちを汲み取ると、そこに「誇り」を感じることができるから、では?

多くの具材を組み合わせて、日本では見たことないような豊富な種類のピザを提供するところもあります。若い世代にウケるようにビジュアルにこだわって、味を改良しているお店だって。さらには、マルゲリータかマリナーラしかメニューにないような、クラシックな場所も存在します。

要するに、それぞれの店や職人の考えを反映して、「ここでしか味わえないピザ」を追究したのがイタリアのピッツェリア。

こんな長い前置きを踏まえた上で、「Best Pizzas in Italy」の紹介です。

ここには、イタリア版ミシュラン「ガンベロ・ロッソ」がピックアップしたお店や、同国でも権威のある「Tre Spicchi」や「Tre Rotelle」といった賞を受賞したピッツェリアが反映されています。

また、若い世代に向けて作られているデザートピザや、あまり食欲のない人向けの小さいピザが食べれる店を知ることができるのもポイント。

イタリアは頻繁に行く場所ではないかもしれません。だからこそ、旅行の際には、少し頑固なくらいの”誇り”を味わってみるのも、悪くないのではないでしょうか。

イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
海苔、わかめ、ひじきなどの海藻類を当たり前に食べる私たちですが、これって世界的にみても珍しい食文化だって知ってますか?そもそもヨーロッパや中東の人たちは、...
鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込んだだけのこの料理。そんな無造作ななかにも「家族の愛」が込められています。
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...