散りばめた「ガラスの平面型スピーカー」から届く音

ガラスには、強度向上、遮熱・断熱、紫外線カットなど、新しい性能・機能が追加されてきた。スマホの画面や、部屋の窓、自動車の壁など、身近にある存在だ。

これからは、“平面型のスピーカー”として使われる機会が増えるかもしれない。

4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典ミラノデザインウィークに、建築用・自動車用・ディスプレイ用ガラスで世界をリードするAGC旭硝子が開発中の「音を生むガラス」が展示される。

音の風景のなかを歩く
ガラススピーカー体験

AGC旭硝子提供

接触面を振動させるエキサイターを、ガラスに接着するシンプルな仕組み。

発する音には指向性があるため、特定の音を、特定のエリアに届けられる。

町を歩く人々に語りかけるガラスの壁、といった応用がパッと思い浮かぶかもしれない。

ガラスは空間の一等地と呼ばれているそうだ。建築の世界では鉄やコンクリートと比べると脆いが、平滑性と耐候性に優れているため、長期間美しい状態を保てる魅力がある。

AGC旭硝子提供

ミラノデザインウィークの展示「Soundscape」では、クリエーションパートナーに建築家の萬代 基介(まんだい もとすけ)さんを迎え、ガラスのスピーカーをいくつも空間に散りばめる。

糸電話のようにしてワイヤーからガラスに振動を伝え、一枚一枚から違う音を出す。

AGC旭硝子提供

大きなガラスが割れ広がった一瞬を切り取ったような空間で、様々な形をしたガラスから音が鳴り、歩く場所によって感じる音の風景が変わる。どんな体験ができるのだろうか。

展示会場はミラノ中央駅。
開催期間は4月17日(火)~22日(日)まで。

Licensed material used with permission by ACG旭硝子
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
2016年4月12日から17日にかけて、イタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」。このデザインの祭典に、トヨタ自動車が出展するコンセ...
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...