ストリートアートで過疎化を食い止める。イタリアの小さな村の挑戦

過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。

ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進んでいく過疎化を打破するために、文化組織の会長であるYlenia Carelli氏は一計を案じました。

それは、村を「ストリートアート」で盛り上げること。

訪れた人の数は
村民の5倍

彼はストリートアーティストたちに声をかけ、アートイベント「CVTàStreet フェス」を開催。

ことのきっかけは2014年。テレビで共演した画家・Alice Pasquiniさんに「ストリートアートで村を魅力的な場所にしたい」と伝えたのだそうです。

Pasquiniさんもその計画に賛同し、村の一角にペイントを施しました。彼女の活動を見た各国のアーティスト達が、次々にこのイベントに注目。村が組織を上げて彼らを支援したこともあり、賛同者はどんどん増えていきました。

「CVTàStreet フェス」ではストリートアートだけでなく、空間を使ったインスタレーション、人気DJによるライブやブレイクダンスなども行われました。もちろん食べ物の露店も。

こうして、4日間に渡るフェスティバルには、村民の約5倍にあたる3,500人もの人が訪れ、アートを満喫。村おこしのひとつとして、大きな一歩を踏み出したのです。

アートをきっかけに
村の魅力を再発見してほしい

高齢者が多く、村の雰囲気も閉鎖的だったそうですが、「CVTàStreet フェス」によって徐々に開放的にアートの分野でも村おこしの分野でも、注目されています。

先駆けとなったアーティスト・Pasquiniさんは、これからの活動についても前向き。

「CVTàStreet フェスは、決して諦めないという強い気持ちから生まれたお祭りです。歴史や文化が色濃く残るこの素敵な村の魅力を、ストリートアートをきっかけに若い世代にも再発見してもらえるよう、活動を続けていきたいと思います」

Licensed material used with permission by Alice Pasquini, (Facebook), (Instagram)

関連する記事

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。