ストリートアートで過疎化を食い止める。イタリアの小さな村の挑戦

過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。

ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進んでいく過疎化を打破するために、文化組織の会長であるYlenia Carelli氏は一計を案じました。

それは、村を「ストリートアート」で盛り上げること。

訪れた人の数は
村民の5倍

彼はストリートアーティストたちに声をかけ、アートイベント「CVTàStreet フェス」を開催。

ことのきっかけは2014年。テレビで共演した画家・Alice Pasquiniさんに「ストリートアートで村を魅力的な場所にしたい」と伝えたのだそうです。

Pasquiniさんもその計画に賛同し、村の一角にペイントを施しました。彼女の活動を見た各国のアーティスト達が、次々にこのイベントに注目。村が組織を上げて彼らを支援したこともあり、賛同者はどんどん増えていきました。

「CVTàStreet フェス」ではストリートアートだけでなく、空間を使ったインスタレーション、人気DJによるライブやブレイクダンスなども行われました。もちろん食べ物の露店も。

こうして、4日間に渡るフェスティバルには、村民の約5倍にあたる3,500人もの人が訪れ、アートを満喫。村おこしのひとつとして、大きな一歩を踏み出したのです。

アートをきっかけに
村の魅力を再発見してほしい

高齢者が多く、村の雰囲気も閉鎖的だったそうですが、「CVTàStreet フェス」によって徐々に開放的にアートの分野でも村おこしの分野でも、注目されています。

先駆けとなったアーティスト・Pasquiniさんは、これからの活動についても前向き。

「CVTàStreet フェスは、決して諦めないという強い気持ちから生まれたお祭りです。歴史や文化が色濃く残るこの素敵な村の魅力を、ストリートアートをきっかけに若い世代にも再発見してもらえるよう、活動を続けていきたいと思います」

Licensed material used with permission by Alice Pasquini, (Facebook), (Instagram)
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...