「だまし絵」の力で街に活気を取りもどす壁画アーティスト(フランス)

欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war」と呼び、今も人が住むなど大切にしているのです。

壊すのではなく、活かす。そんな作品をフランス各地で作り出しているのは、アーティストのPatrick Commecyさん。年代物の家や建物にフレスコ画を描くというものですが、そのビフォーアフターには驚くばかり!

01.

B1da8310a1880740582c5e21c1544f0f565bbe63D6bf9c2f62a5d688d1d6adef83f3aa57eb31b099

02.

8886d0fb887464a8aa3c88e5ff4ce94ed606653dD0f3030c475f058a78d2a2b2a88f94a44e014008

03.

48086661a48edc911ea3bb6b2401284060e41c34F4ca257257e64ff6c72bbdfd0c4e120870d60a9c

04.

96a540e23bf06dac40dd16da8718151a881c521c9dcde5a4778f09ea0f2b1d216987023623cdfd7f

05.

78103573b82abc2f7a500a2ac23aecd67d8829787ad754a57104291bdd053118bb3cb67ea2159b13

06.

D0050e91ce3f755862c164c7a50c72b02796d5d7E63fd6c374ec77ea575d3f1c1ae51ee846f4058a

07.

4b8d1ba8c91c93d389d0513361630afded8f8cf7Dfe038cfd0e367f559872293b7cafa4cf03ba273

08.

A474dfc2010e3b96f3f216b40062538ddb69a681Dba6a6a683ea3a03e883557795777cc0cf3f634b019f4d800b9402e69b10e52978676a4c18b10dd5

1978年から、300以上も描いてきたというPatrickさん。トロンプルイユ(フランス語で『だまし絵』)を使って、企業のビルやマンション、家の壁などを賑やかに変えてきました。よーく見ると、歴史上の偉人や有名人、SF映画のキャラクターまで描かれています。その土地の特徴や名産も絵の中に盛りこまれているんですよ。

おかげで会社のブランドイメージが上がったり、絵を見るためにわざわざ町を訪れる人が増えるなど、うれしい効果が報告されているのだとか。彼のサイトには細かい部分までズームできる機能がついているので、気になった人はこちらからチェックを。

日本でも直島や金沢など、アートを使った町おこしがありますが、こんなフランスのスタイルも素敵ですね。

Licensed material used with permission by Patrick Commecy
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...