ロシア発「ちょっとだけ」実用的なネイル

5年で10店舗にまでチェーンを増やすことに成功した、ロシアのネイルサロン「Nail Sunny」。急成長の背景には、価格の安さや施術時間の短さだけではなく、Instagramに投稿しているユニークなネイルデザインも関係しているみたい。

実際に書ける色鉛筆ネイルや野菜や果物をおろせるおろし器ネイル、火を灯すことができるローソクネイル、リアルな歯をデザインした歯ネイル……。

このシュールで、ホラーなネイルの投稿にはロシア国外からのコメントも付いており、様々な反応を見ることができます。ユーザーに作品の感想を聞いて、否定的な意見が出た場合は、それ応戦するような作品を投稿することもあるみたいですよ。強気なところにも惹かれるな〜。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第10弾はロシア編です。きっと格好なんてつけてないんだろうけどカッコいいミレニ...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
合理的な根拠がまったくなくたって、生まれた時からずっと言われ続けてきたら、やっぱり習慣に従うものですよね? ロシア人ライターIrina Tee氏が紹介する...
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
ロシアのKFCとファッションブランド「Мам, купи!」のコラボキャンペーンとして、バケツをバケットハットにして販売し始めたのだ。企画はオランダのクリ...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...