ロシア人が信じて疑わない「10の迷信」

合理的な根拠がまったくなくたって、生まれた時からずっと言われ続けてきたら、やっぱり習慣に従うものですよね? ロシア人ライターIrina Tee氏が紹介するのは、日本ではほとんど知られていないロシアの迷信。ウォッカをボトルで飲むような豪快さだけが彼の国ではありません。こんな言い伝えは、ちゃ〜んと守っている側面もあるんだそうですよ!

01.
室内では、決して
口笛を吹いてはいけない

Young woman whistling as she lies awake in bed.

部屋の中で口笛を吹くと、深刻な金銭トラブルに見舞われる。これがロシアでの古くからの言い伝え。お金持ちになりたければ、屋外で一度だけ口笛を吹くといいとされています。

02.
忘れ物を取りに戻ったら
必ず鏡を見ること

家を出た後で、お財布や携帯電話を忘れたことに気付き、取りに戻る場合、私たちは必ず鏡に映る自分を見てから家を出るように教わってきました。なぜかって?そうしないと、災いが訪れるから。

03.
未婚の女性が
テーブルの角に座ると
婚期が伸びる

Two couples eating in a restaurant

テーブルの角に座ると、その後7年間は結婚ができないと言われています。つまり、未婚のロシア人女性にテーブルの角を勧めるのはマナー違反。覚えておいて。

04.
旅に出る前は小休止
心静かに座ってくつろぐ

海外旅行やロードトリップなど、旅に出かける前には必ず、心静かに座る時間を取るのがロシア人の流儀。そうすることで、旅の安全が保障されると信じているからです。もちろん、忘れ物がないか確認したり旅先のプランを立てるなど、小休止を有効に使えますよ。

05.
要注意!空になったビンは
テーブルに置かず、床に

_321160844

ロシアでは、空になった飲み物のビンをテーブルの上にそのままにはしておきません。どうするかって?すべて床に置くのです。空きビンを机の上に置いておくのは“災いの元”として、誰も好みません。

06.
お塩をこぼしてしまったら
唾を3回「ペッペッペ」

食事中、うっかりお塩をこぼしたり撒き散らしてしまったら…。首を90度左にひねって、「ペッペッペッ」肩越しに唾を3回吐くこと。これをしないと、家族との激しい口論が待っているのです。

07.
誕生日前に「おめでとう」を
言ってしまうと…

_000021792550_Medium

ドイツ人同様、ロシア人も誕生日前に“おめでとう”の言葉をかけたりしません。祝いの言葉のはずが、その人に不幸を呼び込むと信じられているからです。

08.
隣り合う人が同じ名前だったら、
願いごとが叶うチャンス到来

かなりレアなケースですが、もしも左右に座っている人が同じ名前や苗字だった場合、ロシア人は黙っていたってお願い事をしています。これは、願いが叶うチャンスなのです。

09.
ロシア人の恋人へ
時計のプレゼントは厳禁!

_000038866752_Medium

ロシア人への贈り物に時計を選ぶことは許されません。恋人へのプレゼントに時計を贈るのは、「別れたい」という表現と誤解されてしまいます。さらには、ナイフや刃物のセットも、人間関係が悪くなると昔から敬遠されています。

10.
手のひらがモゾモゾ
お金に直結している!

左の手のひらにかゆみを覚えたら…、近い将来お金に縁があるかもしれないというサインです。逆に右が痒くなった時は、要注意!散財の危険ありという意味なのです。

Licensed material used with permission by Irina Tee

18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
ロシアのウラル山脈に位置する小さな地方都市カチカナル。ここにロシアで唯一の山の上の仏教寺院が存在します。ところが、その寺院がいま存続の危機を迎えています。...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
日本、スペイン、イスラエル、ロシアなど、さまざまな国で働いてきた長谷川雅彬さん。そんな彼は、格闘家、投資ストラテジスト、アーティスト、作家など、マルチな才...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第10弾はロシア編です。きっと格好なんてつけてないんだろうけどカッコいいミレニ...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...
『自分が信じていることを疑う勇気』の著者である長谷川雅彬さんは、証券会社に勤務後、スペインのIE Universityで日本人初のVisual Media...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...