被害は18トン!ロシアの「チョコレート泥棒」恐るべし!

The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が違います。

総重量、なんと18トン!豪快です。金額にして約430万円分に相当。

犯人は54歳の男性。駐車場にとめていた運搬用トラックから盗んだ、と記事には書かれていますが、一体どういう状況だったのでしょうか……。まさか、せっせこ、せっせことひとりで運び出した!?

ちなみに動機は「借金を返済するため」だったみたい。

ちなみに2014年にも、モスクワで4200万円相当のチョコレート盗難事件が発生しているそう。ロシアのチョコレート泥棒、恐るべし。

Top image: © iStock.com/Fedinchik
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
スイスの村でチョコレートの雪が降った!原因はあのおいしいチョコレートで有名な「Lindt」の工場設備の不具合。
9月13日、スイス発のプレミアムチョコレートブランド「リンツ チョコレート」が、チューリッヒ・キルヒベルクに博物館「リンツ・ホーム・オブ・チョコレート」を...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
日本にも上陸しているサンフランシスコ生まれのチョコレート専門店「Dandelion Chocolate」が、チョコレートチップの形を再考。
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...