ロシアで唯一の山頂に建つ「仏教寺院」が危ない

ロシアのウラル山脈に位置する小さな地方都市カチカナル。ここにロシアで唯一の山の上の仏教寺院が存在します。ところが、その寺院がいま存続の危機を迎えています。

こう聞くと、人材不足や宗教弾圧を想像してしまいますが、理由はまったくの別のところにありました。寺院が建つ山は、あるロシア財閥に属する企業が所有権を主張する土地だったから。

そこは、人里離れた山の奥

以下では、ニュージーランド人フォトジャーナリストのアモス・チャップル(RFE/RL)によるコラムを写真とともに紹介します。信仰と利益のはざまで、人々は何を求めてこの寺院へと足を運ぶのかに注目。そして、迫りくる解体の日…。

もっとも近くの街からおよそ7kmの山道が、標高888mのカチカナル山頂に建つ僧院へと通じる道。修行僧たちはこうして犬ぞりに乗って、食料を調達するためときどき山を降りる。

山道の終盤、サンスクリット語で書かれた石標が見えてきた。実践と悟りの場を意味する寺院「シェー・チュップ・リン」まで、あともう少し。だが、積雪量が多いこの時期、たどり着くまでに7時間近くかかることもあるという。

雪の降るなか、修行僧たちがストゥーパ(仏塔)の前で祈りを捧げていた。木造の粗末な小屋を手づくりして始まったこの寺院も、今では仏殿、共同キッチン、就寝スペース、サウナまで付いた立派な施設へと成長した。

天命に従いこの地へ
僧侶となった退役軍人

山の上の仏教コミュニティの筆頭が、旧ソビエト軍人から僧侶へ転身したミハエル・サンニコフだ。23年前、彼は数人の信者らとともに、この地に手づくりの寺院を開設した。

現在55歳になるミハエルは、アフガニスタン侵攻(1979年〜89年)で、激しく傷つけ合う戦闘を目の当たりにし、自身も2発の銃弾や、ナイフでの刺し傷、爆弾の破片で負った怪我を理由に1987年に退役。その後、数年間は戦闘の記憶が脳裏から離れることはなかったという。

「日常の何気ない瞬間にフラッシュバックするんだ。よくアクション映画を見ながら、何発の銃弾が放たれたかを無意識に数えてしまうこともある。夜だって眠れないこともね」。

退役後、ミハエルは仕事に就いたものの、なにか自分にしかできない「目的」を探し求めていた。そうして彼はロシアのブリアティア地方にたどり着き、そこで6年間、ただひたすら仏の教えと向き合ってきた。

当時仏教を学ぶには、ほとんど修行の地がロシア東部にかたまっていたため、そちらへと赴く必要があった。けれど、「それもおかしな話だ」とミハエル。彼が言うには、中央ロシアにも教えを請うべき僧侶はたくさんいる、ということらしい。そこで、自らの師匠に懇願したところ、指で山の輪郭を描いて示したそう。今にして思えば、「それが自らの使命が明らかになった瞬間だ」とミハエルは笑う。

ただ、当時のミハエルが気付けなかった(気付きようがなかった)のは、風の吹き荒れる山頂のずっと地下に眠る、大量の金属鉱石の存在だった。

人里離れた寺院に集う
仏教コミュニティ

現在、8名の男女が寝食をともにしている。短期間の来訪者もいるが、ミハエルは「いい人間」である限り、だれでもこの寺院で生活する資格がある、と。それでも、以下の規則だけは絶対に遵守しなければいけない。アルコールと薬物の持ち込み、下品な言葉づかいは厳禁。集団瞑想は毎朝7時〜8時まで。そして、1日5時間の労作だ。

施設を温めるために蒔は欠かせない。それを集める27歳のボレスラフ・ヴァヴィロフ(写真中央)。マッサージ・セラピストとして麓の街で働く彼は、可能な時だけ休みをとって長期滞在にやってくる。

「ロシアの教会はどこも商業化してしまったんです。多くの若者たちが、いま他宗教や他の精神的な道を探し求めているんだと思います」。

ヴァヴィロフはシェー・チュップ・リンに訪れる理由をこう述べた。

寺院に暮らす3人の女性のひとり、ユリア・ガシバ(写真奥)、街ではホテルスタッフとしての顔をもつ。バックウィート(蕎麦)とパスタだけのシンプルな食事を準備したり、1日16時間を費やす寺院での暮らしの方が、自分には向いていると彼女は語る。

ときに、施設にはこんな珍客も。滞在中、突然森の中から現れたこの犬は、昨日までもそうしてきたように敷地内で居眠りを始めました。以来、彼は犬ぞりチームに加わり小屋をあてがわれた。“いい犬”であることも、ここでの居場所を見つけるのに必要な要素のようだ。

ストゥーパの前で祈りを捧げるユリア。

「ここには、普段の生活では得られない安らぎがあるの」。

だが、寺院の建つ場所は、
「金を生む」土地でもあった

しかし、その安らぎも採掘場から聞こえる騒音によって、ときおりかき消されてしまうことがある。これはロシアの大手鉄鋼メーカー「エブラズ・グループ(Evraz)」が、寺院近くに所有するチタン鉄鉱採掘場のひとつ。

プーチン大統領とも密接なつながりを持つと噂される実業家、ロマン・アブラモヴィッチによって共同所有されるエブラズは、この地域だけで約6,000人を雇用している。そして、シェー・チュップ・リンが建つ山も鉄鉱脈を、じつは彼らの所有する土地なのだ。

エブラズの溶鉱炉施設の1つで製造される鉄梁。同企業は、寺院の解体に関する私たち(RFE/RL)の取材に、メールで以下のような回答を示した。

「カチカナル山の建物はサブスティヴェノ・カチカナンアスキー鉱床の地表に位置しており、ロシア法では、鉱床が位置する土地への建造物の建設や、特に住居の建設は、安全上の理由から禁止されています。つまり本件は、公的機関が権力を行使できる範囲内にあるのです」。

存続の危機にある聖地

2017年3月1日、公的機関が寺院に立ち入り、山の上の寺院を解体することが決定している。にもかかわらず、カチカナルの仏教徒たちは昨夏、6mもあるグラスファイバー製の仏像を建立してしまった。さらに大きな力に争うように、今も施設を拡大し続けている。ミハエルは、将来的にこの地に仏教系の学校を開設することが彼の描く未来だ。

大半はロシア人だが、年に数千人は観光客が参拝に訪れるそうだ。私の滞在中も、20人前後の観光客が寺院に体験泊をしていた。

到着する観光客のため、ボレスラフ・ヴァヴィロフが瞑想を行いながら、彼らの到着を待っている。仏教徒たちにとって、観光客の訪れは集中力を妨げるように思われるが、ここでは食料供給をはじめ収入源が重要、今となっては彼らがもたらす注目度がその一役を担っていると言えるのかもしれない。

一方、エブラズ側は寺院移転に対する援助の用意がある旨を発表している。しかし、カチカナルの仏教徒とすれば、この山頂こそが神聖な場所だと主張。結局のところ、現在に至っても両者の溝は埋まらないまま。 

残留が許されるべきかどうか、世論は二分している。ミハエルは、自治体から二度の罰金命令や、寺院撤去の公的命令を無視し、寺院の存続を求める数千人分の署名入りの嘆願書を用意した。その中にはロシア音楽界のアイコン、ボリス・グレベンシコフの名前も。

しかし、「寺院そのものが将来の妨げになる」と懸念する地元カチカナルの声も無視できない。たとえば地元紙の編集長リュドミラ・ラプティヴァ氏が、我々にメッセージしてくれたように。

「この街は、もともと地下に眠る鉱物の採掘を目的に人々が集まってきたようなもの。もしエブラズが採掘計画を中止するならば、街そのものの存続が脅かされることにもなるのです」。

Licensed material used with permission by Amos Chapple
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
東南アジアを旅していると、国がどこであれ、たいていの場所で寺院と出会う。さほど有名でなくとも、せっかくだから参拝して行こう、なんて気になるものだ。しかし、...
合理的な根拠がまったくなくたって、生まれた時からずっと言われ続けてきたら、やっぱり習慣に従うものですよね? ロシア人ライターIrina Tee氏が紹介する...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第10弾はロシア編です。きっと格好なんてつけてないんだろうけどカッコいいミレニ...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...