「斜め45度」が止められない・・・ロシア人インスタグラマーの偏愛写真24枚

もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつしかこのデュアルワールドの奥深さに、あなたもハマっていくに違いない。

無意識に気がつくと
この世は“斜め45度”に
あふれている!

6928b6ed97ab6accbd2f3af92812a76b34bf2d8f

たとえば、この一枚の写真。川沿いの土手にできた轍の上を自転車が走る。何のことはない風景写真ともとれる。が、写真の右上と左下に注目してほしい。寸分たがわぬ位置にピタッと角と角を意図的に合わせているのが分かるはず。こうして生み出されるのが角度45度だ。

撮影者は、ロシア人インスタグラマーのSergey Minkinさん。彼のただひとつのこだわり、それが平面と物体(または人物)を融合させて「斜め45度」の世界観をつくりだすこと。カメラを斜めに構え、意図的に角度を付けたものではない。すべては、日常の中にあるものから、斜めな世界を切り取っていくのが彼の技法。

「街を歩いていても、どこかに45度で構成されたものを無意識的に探してしまっているんです。いつも、『これが最後』って心に誓うんだけど」

勝手な心配だが、完全に彼の中でフェティッシュ。
それでは、Sergeyさんの偏愛作品をどうぞ。きっと、最後まで行き着くころには、自然と首が左に傾いていることだろう。

いつしか、これが
デフォルトになってくる

Fccae6ac925f83a07f651bc039f2f8adac71b38aB9620e1a399c722c7480ef0489df0d928af842d1E77d084490220a1aae66f7acd223b57e6097464429b10b612d2d1044d273ea98827d7e1c24a94762Bac970e502e3f9562968e3fc3d47a17e23953eac07c55855003a9eed80a80a2d603805d29394a6d9Cef74a9bae14d669213ab2b32a30f775d4bda9eb4375bec3323b3835ad40d8dc0ea08f1b536e402c7a94fd310306c5d8c75a6fdc0fc0de14503db7c86d012217aec0569b28f7b15a084db5d8cca26e4cF8316e6ccb5995d7c595cbbfe1d6448bb0947e7101c076da6f32fbbec56003a5783b0bc3f7090a5f93a19aed3afaecd75c40dc4a1e848a580c567df42209f850ce5032906c2a9e8a0fa82e2ba192150e3b04ce9251abe84302af48562b0d88692eaa032d9b9c1a51a5fb71f7e0659ff9e62c4349e601788aD2452f7d7497b060727c149e51e606bc55bdd81082ec182acd87f1ef86bd33c95ec70faa74d559b27c8e159a6db11adef5f90c2c78c96bada0eed315D7ca98d05962028936c40f4b2f6f633de9e6f5d51eb69ee218cfcad16632becda2a685b9eecd7015E31d99cdf507974d256bbd9b67f19de9e06ddb76
Licensed material used with permission by teaforbear
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
『Instafamous』では、ロサンゼルスを拠点とするインスタグラマーVincent V Leonardを尊敬し、全ての投稿を真似するようになったYas...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
ダンサーのSergey Melnitchenkoは、故郷のウクライナから中国を訪れた時、ある名もなきナイトクラブに雇われる。しかし、彼は働き始めてすぐに、...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
亡くなった祖母の化粧台から見つけた小さな手かがみ。最初は、祖母の記憶の断片を探すように、ただ手かがみを置いて撮影していた。それがいつしか、どこへ行くにも手...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...