「手かがみ」を持って旅に出たら、あるようでなかった世界が撮れました

亡くなった祖母の化粧台から見つけた小さな手かがみ。最初は、祖母の記憶の断片を探すように、ただ手かがみを置いて撮影していた。それがいつしか、どこへ行くにも手放せなくなっている──。

鏡の中に映り込む反射を利用した風景写真を投稿するインスタグラマー。アカウント名「the_reflection」。まるで偶然の産物を楽しむように、リフレクション(反射)を追い続けた作品。引き伸ばして額装すれば、結構“描になる”雰囲気を持っている。

鏡に閉じ込めた
もうひとつの世界

248372efc3f15b617f8a7cf8eb07a1ff8240ed549c584391ce115b6d8a9045fb1cc3c2b6f8c85e2b283021889c81af17da17675630dc8e6019f88d9aA134a078a0c239a006c20d595b3fac94e8f32434A2057cf75650339be010d1e03a63f3d7e7207f58Bf4831faced592b34cbacc09276b41b03421d8b81c8258abffd21a9f98ccbaaa995be7a557050cea192a2c01f98763aa036ad13f3a180a22a8ddde617c68a3228ce72b3033accf8fb94da006d8f4620190184538ec09d8e17a57b87cfa35eb8bd1067266896a5d189e82c09a7d40130f8cea6a8386c80b0870c39bb4b440b964292734cdf608b957c1ca3ee116739cd72c73050c861a3581afbdcf8ae8dc978bBecfceef0b0013b1abdbfcd7685443bb64c09bc26528c8e49e0bbca180bb3052b77236035382ca9d5dc17b6f4b77f5410b9961933e2999474dfc94246d7a913ddd4b05ef46c1c8b2c89928d0784401bd15dacabb89f80a42c2365410172b899743d4722aDbd7133b76e1692071d96a2d9c671f056b8d3d12

スローテンポのアンビエントな音楽でもかけながら、じっくり続きを見たい人はこちらから。

何でもないアイデアなんだけど、ちょっとマネしてみたくなる。

Licensed material used with permission by the_reflectionist
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
旅には、人生が凝縮されています。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。