美しすぎて「ふ〜〜〜」っと、ため息をついてしまいそうな世界の絶景

私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。

でも、二次元だけではなく、地球上には目を覚ましながらにして、夢を見させてくれる場所があるんだ。

「幸せ」に出会える場所

04392bdecd4da20c5cc04c54bb13cd92424491a45b735da755c6213832cb99c51fad4f3349863cf8D77347bba4e81b0f933f9ad6218f70afc5fa8461Cf19bdece7414777df6fb1067c12a16218eac130A52ce8edfdb94884a4b69289c8d9f3d42f8ae82bF06497743ce9f8d29a29f1c85404a68612757d78Af3a22b9c03273ce3441716757cf4a44ca5afce7E55a25036bae5f2ad4a8d42c973a9968ba449f057fea69e212c7b1a93fdf4d037964e8c326f991aa8d93ef3a64cd45a3cb8948d7d6ae1ae563b0877d8713c21a98a19de5c5373164f6e1750ea3c3953191c0bd41f54ae4918d107c429be51a4c1a1bfd92E9e9ae88f67dd67012b0309debe4ba901057cbff

旅の最大の魅力は、この美しい「幸福」と出会えたこと。

世界を旅する写真家のReuben Wuは、世界中の絶景を目の当たりにしているうちに、自分の小ささと人生の底知れなさが見えたと言う。

いつか、ため息をついてしまいそうな、美しさと幸せを感じる絶景に出会いたいものですね。

Licensed material used with permission by Reuben Wu, (Instagram)
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...