世界中の絶景を「意外な視点」から見てみると

デジタル加工が当たり前になっている時代。どんな景色の写真を見たとしても、「どうせいじってるんでしょ?」なんて、うがった目で見てしまい素直にみることができない。

世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工していないのだけど、ちょっと違和感のあるものばかり。だけど、そこにはあるメッセージが込められている。

知られざる文化を
意外なカタチで

マダガスカル

Scarlettが旅の中で注目しているのは「景色」だけではない。世界中に散らばる“孤立した文化”を見つけて世に広めるのも自分の使命だと言う。

誰にも縛ることのできない雄大な自然の中で、あえて「ひっかかり」を作ることでどんなに小さな村の伝統や習慣でも、確かにそこに存在していることを表現している。

ヌナブト準州

バヌアツ

アラブ首長国連邦

アイスランド

アイスランド

ボリビア

ソトコラ島

ボリビア

中国

ヌナブト準州

私にとって特別な場所はたくさんあります。まず、肉を食べない習慣のあるソトコラ島は、親しみやすい部族が住むステキな離島でした。他ではマダガスカルも。あそこで育つバオバブの木は、“見事”のひとこと。だけど、一番はやっぱりボリビアのアルティプラーノです。あの雄大な自然の強さが、今でも頭の中に残っています。

Scarlettに旅した場所の魅力を聞くと嬉々として答えてくれた。

正直に言えば、撮影された場所にどんな文化があるのか、写真だけではわからなかった。ただ、想像できないところも簡単には語ることのできない、その場所ならではの魅力をアピールしているように思えるのだ。

Licensed material used with permission by Scarlett Hooft Graafland
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...