世界中の「おはよう」を集めた風景写真が美しい・・・

フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良のツールこそ「朝日」だ、と氏は信じている。

「この世界がどれだけ美しいか。それを知りたくて写真を撮り続けているようなもの」

一度は足を運んだことのあるあの観光地。では、日の出すぐの表情を見たことはありますか?

01.
フランス
(プロヴァンス・ラベンダー畑)

Bed0e39a9c7864b5a731e5dea5c7a5a4c9f02ad9

02.
カンボジア
(アンコール・ワット遺跡群)

Deabad03533eb01a9c5a2e7aca9a63fd1eebdd5d

03.
マレーシア
(クアラルンプール)

98dab6c67fb1259cfd359e0c5715d43ba8854455

04.
アメリカ
(キャニオンランズ国立公園)

602f013f7c9d6c64fe70fa5ba6dddc98dd2bcf31

05.
中国
(上海)

3f6f69ffc61982d7dee23544d05cdb7c096ddd8a

06.
イタリア
(トスカーナ・オリーブ畑)

9ad95d23369914f05e47bd4eebdb688a9565569f

07.
タイ
(ワット・ベンチャマボーピット)

062316f7e3dcc8e4cb20eecc8c5ad03402d49eba

08.
フランス
(パリ・ポンデザール橋)

Bed377bbcb6cc78db2f8f100adf6e96dad848819

09.
インドネシア
(バリ島・ウルワツ寺院)

2a3a5a4b7b95c77135da0afb2e0fd82097919ad0

10.
イタリア
(ローマ・ヴァチカン市国)

5229a23d8cfa87978faa2f09f993f05a91bd8859

11.
クロアチア
(プレトヴィツェ湖群)

6521f0fa9bfdbec0d53944f88f36eeba20dc9961

12.
香港
(ビクトリア・ピーク)

14b9083d0fd1be24f238390dd124dfd813d89893

13.
ギリシャ
(メテオラ)

F60e274e68ec700d9ae6c15e6810a121a8055092

14.
アメリカ
(ヨセミテ国立公園)

1b1be69b51b14b2273b86754af95828db3b76ed9

15.
アイスランド
(ヨークルスアゥルロゥン)

2c8f269d33968043e9a3386e7a70cd36c328ad91

16.
フランス
(パリ・エッフェル塔)

B164ae5a815ac0b6f3bb5bdccb0930318551531b

17.
オーストラリア
(グレート・オーシャン・ロード)

99ec481cf263327ac23c1324b33611eb15fd9c3e

18.
アメリカ
(モニュメントバレー)

Ade174b74c0b706204b832ec84588c94331b7c74

突き刺すような逆光と、かすみ立つ朝もやが、それぞれの街、それぞれの土地に個性的豊かな表情を与えている。協奏曲の始まりのような穏やかな朝日に「おはよう」。

Licensed material used with permission by Beboy, (Instagram), (Facebook)
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。い...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「おはようのキス」という響きはロマンチックですが、実際には寝起きは誰でも口臭が気になってしまうものですよね。なかでも睡眠中に口の中が乾燥し、雑菌が増えてし...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...