「リスペクト精神」から生まれた異世界には、大好きが詰まっている。

憧れの芸能人のファッションだったり、マンガのセリフだったり。自分の中の人生観を変えるような出来事って、誰かの手によって作られたモノが多い気がする。

デジタルアーティストのJan O'Fieldの場合は、『スター・ウォーズ』シリーズ。あまりにも好きすぎて、自分も映画の世界と融合したいという気持ちから、新たな宇宙を生み出した。

現実から憧れの宇宙へ

E93e09cd79c11f688475df931ac3c4ddd99d121b14d3a07b0233c7470b2f8971bd43806ad1cf17786eb2219a315b78853ca965dff7624dff8d7f355bB5f49da24f68f1d942f9ad44175474dea3e009e9D5e431915a6b9b94f2234ec6ba7c614975bef2b1Faef054927e4abb2002ed13e19d2501088a087cdF2be238dc1e00cfa902f39716d0d4ed9f4ae6a1fF865246c8aaf36a70f2dc303af287b10257032ba955279a53dfc5ae47f6b73de7236f6da0306374fD1906e879670fa211eac9bf9fb5a7115e83dd4b8

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』が一番のお気に入り。映画館で観た時、最高のアクションとキャラクターたちの心理描写に大興奮だった!

 

『スター・ウォーズ』はいつも、僕を現実から魅力的な宇宙へ連れていってくれる。だから、どんなカタチでもいいから、アーティストとして「繋がる」作品をつくりたかったんだ。

Jan O'Fieldのメッセージと写真を見て、私が思ったのは誰かの作品を完コピする人やアニメや芸能人のコスプレをする人たちにも相通じるものがあるんじゃないかってこと。

いずれにしても、「好き」を追いかける人たちに、“リスペクト精神”を感じてしまうのは私だけだろうか?

Licensed material used with permission by Jan O'Field
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
世界中のウェス・アンダーソンのファンが偶然出会った、映画のような実在の風景がたくさん集められているinstagramアカウント「accidentallyw...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...