こんな「ゼブラ雲」見たことない!

「パイロットにしか見られない景色がある」とはよく聞く話ですが、この雲もその最たる例。

オーストラリアのパースからアデレードに向かう途中で上空から撮影されたこの写真は、操縦士のIlya Katsmanさんも「このルートで見た雲のなかで、もっともユニークだ」と語るほど。

曇って不思議

いわゆる波状雲(はじょううん)と呼ばれるタイプですが、風が山などの障害物にぶつかったときにできるのだそう。

確かに地上からは何度か見たことありますが、上空からだと、まるで天国に導かれるような気分になりますね。

Licensed material used with permission by theonlyilya
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
あなたの部屋の雰囲気をガラッと変えてくれそうなアイテム、その名も「floating」。磁力によって空中に浮かぶ雲の形をしたスピーカーで、音楽と連動してLE...
写真はニュージーランド北島にある町パーマストン・ノースで撮影されたもの。よ〜く見て欲しい。駐車場の奥建物の屋根の向こうに出現したBIG WAVE。いったい...
台北市内に突如現れたのは…あのオレンジ色の武道着に身を包んだ孫悟空!?サングラスと髪型は孫悟飯のようにも見えますが、筋斗雲に乗って空の上をひとっ飛び!とは...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
エッグベネディクトにエッグスラット、卵を使った料理が次から次に登場するけれど、この“変わり目玉焼き”もかなりのクセモノ。昨春、彗星のごとくInstagra...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...
撮影をしたAdam Freundilchさんによると、ここはルーマニア西部のオラデア。彼の故郷なんだそう。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない...
Davide Sassoさんは、3型2色覚(青色盲)の人たちがどのような世界を見ているのかを表現した。個人的には、雲ひとつない空も少し霧がかったような、ぼ...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...
中学生の頃、ひとりで初めて乗った飛行機。通路側の座席から必死に窓の外を見ようとしている私を見かねて、知らないオジさんが窓側の席を譲ってくれました。ホントに...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。
写真をみてください。このどこまでも続いているなが〜い階段。まるで…雲の向こうまで行けちゃいそう!晴れた空にス〜っと伸びていっています。どうやら海沿いの街に...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...