私を空へつれてって

もう世界中をまわりつくしたから空を旅してみたい──

隣にいたあの人に言ったら、「じゃあ一緒に行こっか」という話になり、2人で行ってみた。するとそこには、雲のうえにヒッソリと浮かぶ街が…。

なんて、そんなことがあったらイイのにな。Adam Freundilchさんの写真を見てつい想像してしまったこと。

Adamさんによると、ここはルーマニア西部のオラデアで彼の故郷なんだとか。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない一枚を求めて今か今かと待ち続け、やっと撮れた写真なんだそう。

世界各地で撮影された写真を毎日ネットで見ているけれど、あまり目にすることがない写真の雰囲気に、つい見とれてしまった。

Licensed material used with permission by Adam Freundlich
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!