私を空へつれてって

もう世界中をまわりつくしたから空を旅してみたい──

隣にいたあの人に言ったら、「じゃあ一緒に行こっか」という話になり、2人で行ってみた。するとそこには、雲のうえにヒッソリと浮かぶ街が…。

なんて、そんなことがあったらイイのにな。Adam Freundilchさんの写真を見てつい想像してしまったこと。

Adamさんによると、ここはルーマニア西部のオラデアで彼の故郷なんだとか。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない一枚を求めて今か今かと待ち続け、やっと撮れた写真なんだそう。

世界各地で撮影された写真を毎日ネットで見ているけれど、あまり目にすることがない写真の雰囲気に、つい見とれてしまった。

Licensed material used with permission by Adam Freundlich
他の記事を見る
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...