私を空へつれてって

もう世界中をまわりつくしたから空を旅してみたい──

隣にいたあの人に言ったら、「じゃあ一緒に行こっか」という話になり、2人で行ってみた。するとそこには、雲のうえにヒッソリと浮かぶ街が…。

なんて、そんなことがあったらイイのにな。Adam Freundilchさんの写真を見てつい想像してしまったこと。

A7c0b9495e7ee746d7f90976406290cdd8b361b2B89d6a4128cf0fdc094d60946c7bcd8db4c2a0a3B1741a3a718951564a0aad364ecc2085f66e94902d27c120d1a7868f6d5ab5b58bdfe6837f8afbad

Adamさんによると、ここはルーマニア西部のオラデアで彼の故郷なんだとか。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない一枚を求めて今か今かと待ち続け、やっと撮れた写真なんだそう。

世界各地で撮影された写真を毎日ネットで見ているけれど、あまり目にすることがない写真の雰囲気に、つい見とれてしまった。

Licensed material used with permission by Adam Freundlich
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
フォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。黒やこげ茶色をした艶のある髪の毛やまっすぐな瞳をアイデ...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ハッキリしたイメージがないからこそ、真っさらな目でみたら……。
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...