初対面でも!すぐに誰かと仲良くなれる「ボードゲーム」3選

何が趣味なんですか? 好きな映画は? どんな仕事をしているんですか?

とりあえず、初対面の人にはこうした質問をしておくけど、だいたい仲良くなり始めるのって、一緒に何かをやった時。サウナに行ったり、シーシャを吸ったり、クラブで踊ったり……。

ぜひ、ボードゲームをやるも加えてほしいっ! あまり知らない人と一緒にプレイしても、かなり楽しめるんですよ。

そこで、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に協力していただき、誰とでも仲良くなれるボードゲームを3つ紹介してもらいました。

すごろくや

海外製を中心とした近代のボードゲーム・カードゲームを見て・さわって・買える日本最大級の専門店。店舗販売のみならず、自社ボードゲームの開発や、イベントの企画運営など、生活を豊かにするボードゲームの魅力を発信する、様々な活動を行なっている。

01.
カード式の簡単な大喜利ゲーム
「私の世界の見方」

「私の世界の見方」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

選ばれたお題に対して、オモシロいと思う言葉が書かれているカードを出す。

 

すごろくや:「私の世界の見方」は、誰とやっても本当に楽しいです。やるのは大喜利のような「お題に対して面白い回答を考える」ことですが、あらかじめ用意された回答カードから選べばいいだけなので、そこまで頭を悩ませなくてもいいんです。

たとえば、お題は「父は母をアドレス帳に『◯◯◯』で登録している」のようになっているので、プレーヤーはオモシロそうだなと思った言葉を手札から選んで、場に出します。

「私の世界の見方」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:そうしたら「老舗の明太子」「無銭飲食」「育毛剤」「コギャル」などのカードが出されるので、親役は自分がオモシロいと思った言葉を選び、選ばれた人がポイントをもらえます。

 

──簡単!

 

すごろくや:このゲームは“他の人にいじわるをして勝つ”という要素がないので、平和に、みんなで笑いながらできますね。

あまりにオモシロい言葉を出した人がいたら、その言葉がその人のあだ名になったりもします(笑)。

私の世界の見方

プレイ人数:2〜9人
プレイ時間:約30分
値段:3850円(税込)

02.
2019年ドイツゲーム大賞を受賞
「ジャスト・ワン」

「ジャスト・ワン」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

回答者に言葉を当ててもらうために、みんなでヒントを考える。

 

すごろくや:「ジャスト・ワン」は先日発売したばかりで、2019年のドイツゲーム大賞を勝ち取った作品です。

内容はみんなで協力しながら、できるだけ多くの得点を稼ぐというもの。回答者だけが「お題」を知らない状況で、他の人たちは「お題」を当ててもらえるようなヒントをボードに書きます。

「ジャスト・ワン」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:ヒントを考える時、ひとつだけ注意点があります。他の人とヒントが被ってしまったら、回答者に見せられなくなってしまうのです。

だから、被らないようにヒントを考えなきゃいけないんです。でも、それが行き過ぎると、分かりにくくて、ヒントにもならない可能性があるので、ちょうどいい言葉を考えなければいけません。

 

──最初は簡単だと思ったけど、意外と考えさせられるな〜。

 

すごろくや:そこが醍醐味ですね。相手を助けるためにヒントを考えるゲームなので、平和に楽しめます。あと、ひとつのことに対して、みんなで協力すると、一気に仲良くなれますよ。

ジャスト・ワン

プレイ人数:3〜7人
プレイ時間:約20分
値段:3080円(税込)

03.
大人数でチキンレース!?
「インカの黄金」

「インカの黄金」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

リスクを考えながら、なるべく多くの得点を稼ぐ。

 

すごろくや:「インカの黄金」は大人数でやるのが楽しい、度胸試しのゲームです。

まず、プレーヤーは洞窟へ行くのかどうか?を決めて、行く場合にはコマを場に出します。で、山札からカードを1枚めくって、財宝カードが出たら、洞窟にいる人たちで、そこに書いてある数字の分だけのお宝を均等に分けます。

 

──ちょっと難しいかも……。

 

すごろくや:たとえば、3人が洞窟にいて、「5」と書いてある財宝カードなら、ひとり一つずつお宝をもらえ、余りのふたつは次の「山分け」まで残しておく、といった具合です

 

──なるほど。

「インカの黄金」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:じつはお宝を正式にもらえるのは「洞窟から帰ります!」と宣言した時なんです。

かなりたくさんの財宝がもらえるカードも出てくるので、得点を稼ぎたい人は洞窟に居残って宝探しを続けることもできる。ただ、危険カードも存在していて、それが2回出てしまったら、取れたはずのお宝が没収されてしまうんです。

 

──チキンレースみたいですね!

 

すごろくや:そうです。危険カードが出てしまうかもしれないけど、洞窟で宝探しを続けるもできる。その反対に、危なそうだから早めに退散するのも手です。「まだ大丈夫だと思うんだよな……いや、でもそろそろ危ないかも?」などとあれこれ考えるのが楽しいですね

初めての人とやるなら、その人がリスクをとるタイプなのか?それとも慎重派なのか、などいろんなことも分かってきますよ。遊ぶだけで、打ち解けやすくなります。

インカの黄金

プレイ人数:3〜8人
プレイ時間:約30分
値段:3520円(税込)

\\おすすめボードゲーム15選はこちら//

日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
家庭用プリンターで印刷し、工作して遊べるボードゲームなどを無料で配布する「すごろくどっとこむ」が8月末まで期間限定でオープン。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
初対面でキスされる、という経験はありますか?日本人ではなかなか、初対面でのキスはあり得ないシチュエーションですよね。何回かデート重ねてキスをするのが、普通...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...