「ADHD」の治療効果が認められた、世界初のゲーム「EndeavorRX」

通称“ADHD”といわれる注意欠如・多動性障害をもつ子どもの治療に役立つとされるゲームが誕生した。

「EndeavorRX」は、医療品などの安全性を管理・監督する米国の機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」が、ADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲームだとか。

とくに、ADHDの代表的な症状のひとつである注意力不足の改善に役立つとされており、実験では348人の被験対象の子どものうち、36%に病状の改善がみられたという。

この治療法が注目されているのは、非薬物処方で治療可能な「デジタルセラピー」の重要な成功例になったということ。

今後さらに実験が進めば、薬を使わず、ゲームで楽しく遊びながら子どものADHDを治療できる日が来るかもしれない。

© Sean Hollister/YouTube
Top image: © iStock.com/Kontrec
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事