「ADHD」の治療効果が認められた、世界初のゲーム「EndeavorRX」

通称“ADHD”といわれる注意欠如・多動性障害をもつ子どもの治療に役立つとされるゲームが誕生した。

「EndeavorRX」は、医療品などの安全性を管理・監督する米国の機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」が、ADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲームだとか。

とくに、ADHDの代表的な症状のひとつである注意力不足の改善に役立つとされており、実験では348人の被験対象の子どものうち、36%に病状の改善がみられたという。

この治療法が注目されているのは、非薬物処方で治療可能な「デジタルセラピー」の重要な成功例になったということ。

今後さらに実験が進めば、薬を使わず、ゲームで楽しく遊びながら子どものADHDを治療できる日が来るかもしれない。

© Sean Hollister/YouTube
Top image: © iStock.com/Kontrec
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

唐突ですが、僕はADHD。いわゆる、発達障害と言われる特性を持っています。僕自身そうとうぶっ飛んでいると言われるのですが、不思議なもので、こうした特性を持...
かつてに比べると、ここ数年で大きく理解が進んでいるとも言われる「ADHD」。それでもまだまだ誤解や偏見は多く、当事者や家族の悩みが尽きることはありません。...
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
ADHDは、気が散りやすかったり、じっとしていられなかったり、考える前に思わず行動してしまったりする「注意欠陥多動性障害」とも呼ばれる学習障害のひとつです...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...