「ADHD」の治療効果が認められた、世界初のゲーム「EndeavorRX」

通称“ADHD”といわれる注意欠如・多動性障害をもつ子どもの治療に役立つとされるゲームが誕生した。

「EndeavorRX」は、医療品などの安全性を管理・監督する米国の機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」が、ADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲームだとか。

とくに、ADHDの代表的な症状のひとつである注意力不足の改善に役立つとされており、実験では348人の被験対象の子どものうち、36%に病状の改善がみられたという。

この治療法が注目されているのは、非薬物処方で治療可能な「デジタルセラピー」の重要な成功例になったということ。

今後さらに実験が進めば、薬を使わず、ゲームで楽しく遊びながら子どものADHDを治療できる日が来るかもしれない。

© Sean Hollister/YouTube
Top image: © iStock.com/Kontrec
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
唐突ですが、僕はADHD。いわゆる、発達障害と言われる特性を持っています。僕自身そうとうぶっ飛んでいると言われるのですが、不思議なもので、こうした特性を持...
かつてに比べると、ここ数年で大きく理解が進んでいるとも言われる「ADHD」。それでもまだまだ誤解や偏見は多く、当事者や家族の悩みが尽きることはありません。...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
ADHDは、気が散りやすかったり、じっとしていられなかったり、考える前に思わず行動してしまったりする「注意欠陥多動性障害」とも呼ばれる学習障害のひとつです...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
今、世界で大注目のトリートメント「ハロセラピー」が日本初上陸!岩塩に囲まれた環境でくつろぎ、岩塩の放出する空気を吸うことで心身ともにリフレッシュ。
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。