自分で考え、作れ、遊べる「ボード&カードゲーム」を無料配布!

近年、大人も本気で楽しめるさまざまなカードゲームボードゲームがじつに数多く販売され、ゲームを楽しむためのカフェやバーに多くの人が集う……正確には、集っていた。

このご時世、外出自粛はやむなしのなか、エンタメにこだわった開発・運営を専門とする「株式会社5次元」が、印刷デザイン会社との協働により、家庭用プリンターで印刷し、工作して遊べるボードゲームなどを無料で配布する「すごろくどっとこむ」を期間限定でオープンした(8月末まで)。

「かきこむスゴロク」は2種類。どちらもスタートからゴールまでのマスを自由に書き込むスタイル。使うサイコロも一般的な6面体から12面、20面などデータをダウンロードし、自分で工作してイチから作る。

また「合戦カードバトル」では、上杉家と武田家に分かれてカードで川中島の合戦を繰り広げるというもの。ゲームをしながら歴史上の人物の名前も覚えられる。

現時点でリリースされているゲームはどれも小学生をターゲットにしたもので、「子どもたちが自ら考え、工夫し、作る」ことに重点を置いている。が、期間中は定期的に新しいゲームを順次配布していくそうだ。もちろん、どれも完全無料

出かけられなくてもゲームの楽しさは変わらない。まずはパートナーや家族で楽しんでみては?

『すごろくどっとこむ』

【公式ホームページ】https://sugoroku.com

Top image: © 株式会社5次元
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事