お酒を飲みながら!笑いが止まらなくなる「ボードゲーム」3選

未だに“居酒屋で飲む”となったら、話題は仕事の自慢や愚痴ばかり……。もう、2020年だよ? そろそろ飽きない?

僕は飽きました。

それに取って代わる存在として、家でボードゲームに注目です。友だちとワイワイ盛り上がれるし、会社の先輩や後輩とやっても、笑いは絶えませんっ! どうせ同じ時間をかけるなら、少しでもハッピーになれる方がいいんですよね、正直なところ。

そんなわけで、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に協力していただき、友だちとお酒を飲みながら楽しめるボードゲームを3つ紹介してもらいました。

すごろくや

海外製を中心とした近代のボードゲーム・カードゲームを見て・さわって・買える日本最大級の専門店。店舗販売のみならず、自社ボードゲームの開発や、イベントの企画運営など、生活を豊かにするボードゲームの魅力を発信する、様々な活動を行なっている。

01.
ガチすぎない心理戦を楽しめる
「ハゲタカのえじき」

「ハゲタカのえじき」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

ランダムに出てくる点数札を奪い合う。

 

すごろくや:「ハゲタカのえじき」は2人でも楽しめるんですけど、大人数でやった方がいいです。

1〜15までの手札が配られるので、そこから1枚選んで、みんなで見せ合います。で、一番大きい数を出した人が勝ち。

ポンポンとスピーディーにできるシンプルなゲームです。

 

──じゃ、15を出せば、負けなしですね!

 

すごろくや:でも、誰かとダブってしまうと点数札はもらえないので、なるべく被らないように、周りの人の様子を考えつつ、カードを出さないといけません。

しかも、一度使ったカードは使えないので、戦略が大切なんです。

「ハゲタカのえじき」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:ゲームは15回の勝負を繰り返したら終わり、最終的に点数札の合計が一番大きい人が勝ち。

15を出した時に被ったら、「うわぁーーーーー!」ってなります(笑)。

 

──「お前、ふざけんなよ〜」とか、普通に言っちゃいそう。

 

すごろくや:ですよね(笑)。もう、やりきれない気持ちが溢れ出てきますよ。

「ハゲタカのえじき」のカード
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:じつは、点数札にはマイナスもあるんです。こういう場合は、出した数が一番小さい人が取らなきゃいけません。

なので、小さい数字を残しておくと、自分の点数が減ってしまう可能性もあるので、勝負するシーンの見極めが重要になってきます。

簡単だからこそ、お酒を飲んでいる時にはおすすめですよ。

ハゲタカのえじき

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:約20分
値段:1500円(税込)

02.
真面目にバカなことを話す
「キャット&チョコレート」

「キャット&チョコレート」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

なにかしらのトラブルが起きるので、持っている道具カードをうまいこと使って、解決する。

 

すごろくや:「キャット&チョコレート」は何種類か発売されているんですけど、これは「幽霊屋敷編」です。

こじつけで話をして、聞いている人を納得させればいいゲームです(笑)。

 

──いつも言い訳ばっかりのヤツが強そう。どんなロジックもいいんですか?

 

すごろくや:もちろんです。めちゃくちゃぶっ飛んでいても、周りの人が「なるほどね」「たしかに」となったらOK。ポイントをもらえます。

どうしようもない道具で、どうやってトラブルを回避するのか?を考えるのがオモシロいんですよ。

「キャット&チョコレート」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:たとえば、「踊り場」というカードには「頭上からシャンデリアが落ちてくる」というトラブルが書かれています。

で、持っているのは、バールとナイフと札束。「落ちてくるシャンデリアをナイフで切り刻む」と言ってもいいし、「じつはナイフには魔法がかけられていて、他の人を刺せば、1回だけ願いを叶えることができる」とか、現実離れしたものでも大丈夫。

 

──道具はすべて使わなきゃダメ?

 

すごろくや:トラブルの種類によりますね。カードの裏に「1」「2」「3」の数字が書かれているので、それに応じて、2つの道具を使って説明をするという感じです。

3人から遊べますが、4人がおすすめ。というのも、チーム戦でやることもできて、それはゲームの最後に明らかになるようになっているので、甘すぎたり厳しすぎたりするジャッジがなくなって、フェアに楽しめるんです。

「キャット&チョコレート」のカード
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:そんなに時間をかけずにサクッと楽しめるのもいいところ。トラブルと道具の種類はたくさんあるので、毎回、違った話をしなければいけません。

誰かの家でお酒を飲んでいる時だと、話に集中できるので、“話す”と“聞く”という両方の楽しみがあります。

友だちとお酒を飲みながら、ツッコミを入れつつ真面目にバカなことを話していると、やっぱり盛り上がるんですよね(笑)。

キャット&チョコレート 幽霊屋敷編

プレイ人数:3〜6人
プレイ時間:約20分
値段:1650円(税込)

03.
アイスのスティックでサッカー!?
「フビ 2.0」

「フビ 2.0」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

【遊び方】

華麗にシュートを決める。

 

すごろくや:「フビ 2.0」はサッカーをやるゲーム。見たままですね。

アイスを食べる棒みたいなスティックで球を弾いて、点数を決めればいいんです。球の動きが止まった時に、最後に触ったのが自分の色だったらパス成功で、もう一度、球を弾くことができます。

 

──テーブルサッカーより、気軽にトライできるかも。

 

すごろくや:ですね。ただ、これもそれなりの大きさがあるので、誰かの家に持っていくとなると、ちょっと大変です。みんなでお金を出して、ひとつ買っておくくらいがいいと思いますよ。

「フビ 2.0」の遊び方
©2020 NEW STANDARD

すごろくや:最初は思った以上に当たらないので練習してみてください。まあ、そこまで真剣じゃなくてもいいのですが。

少し酔っている状態でやると、かなり盛り上がります。やったこともないのに、スゴく上手な人とかいるので(笑)。

フビ 2.0

プレイ人数:2人
プレイ時間:約20分
値段:1万1000円(税込)

\\おすすめボードゲーム15選はこちら//

日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
家庭用プリンターで印刷し、工作して遊べるボードゲームなどを無料で配布する「すごろくどっとこむ」が8月末まで期間限定でオープン。
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。