DIY!ゲームを「つくる」ところから頭を悩ませてみよう。

ロールプレイングゲームを何百時間もプレイして、クリアしたときの達成感。それと同時に訪れる虚無感…。出来合いのものを消費するばかりだと、楽しんでいるはずなのに、いつの間にか飽きて疲れて、自分自身が消耗していく気さえしてきます。

そんなときは、何でもいいから自分の手で作ってしまうのがいちばん。最近はいろいろな「DIY」があるけれど、選択肢のひとつとして「ゲーム機」なんていかがでしょう。

ポケットに入れたい
レトロな手作りゲーム

MAKERbuino」は、ゲーム機のDIYキット。必要な部品が全て揃った状態で届きます。

必要な道具は、ペンチ、ドライバー、はんだごて。基盤の上に部品を当て込んで、順番にはんだ付けしていきます。

そんなの持ってない!という人には、必要な工具が付属している特別キットも販売されているので、ご安心を。

仕上がりはこの通り。何ともレトロなフォルムです。

ドット絵がたまらない

遊べるゲームの種類は、数え切れないほど。キットに付属しているSDカードにも内蔵されていますし、他のゲームをオンライン上からダウンロードすることもできます。インベーダーゲームやパックマンなど、懐かしいゲームも発見。

オープンソースになっていて、自分でプログラミングすることも可能です(これは、ちょっとハードルが高いかもしれませんが)。

基本のセットは35ドル(約3,800円)、組み立てに必要な工具付は45ドル(約4,900円)で入手できます。

人が考えたゲームに頭を悩ませるのもいいけれど、自分でおもちゃを作り出すのは、また違った刺激がありそうです。

Licensed material used with permission by MAKERbuino
スウェーデンのデザイナーのLove Hulténが木からつくりだすのは、懐かしさと新しさが同居するガジェットたちだ。温もりたっぷりの木製なのにちゃんと遊べ...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。