このトリコロールハウスが「家の概念」を覆します

なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリードタイム、にもかかわらずしっかりした出来栄え、そしてその値段──。あれ、家ってこんな感じだったっけ?

わずか21枚のパネルでできてます

これは、Joshua Woodsman氏が設計したDIYハウス、その名も「フランス」。芸術の国を思わせるトリコロールが由来でしょうか。

この家を構成するのは「断熱パネル」で、その数たった21枚!完成までのリードタイムは、いくらタイニーハウスとはいえ、大人3人で3時間というから驚異的です。

中もトリコロール!
3つのスペースで構成

で、中を覗くとさらにビックリなわけで。どうせ陳腐なんでしょ?というひねくれた期待は裏切られます。

外観の3色通り、中も3つのスペースに区切られた設計。青は快眠をもたらす色なので寝室。白にはテーブルやイスを置いて、リビング的な扱いで。赤は簡易的なキッチンスペースに。

この家がなんと…1,200ドル(約136,000円)。

基本的には、いわゆるミニマリストに向けた提案だと思うけれど、どう活躍させるかはあなた次第。個人的には、この大きな窓を利用してコーヒースタンドとかどうかなって思ったり。

Licensed material used with permission by Joshua Woodsman
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
多くの海外メディアに取り上げられている、今話題のインスタグラマー。彼女の家は、カラフルで可愛いと注目されていますが、部屋をDIYしたきっかけを聞くと意外な...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...