ビニールハウスのように太陽光で温まる「ぽかぽかエコハウス」(スウェーデン)

これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てることで、太陽光によってポカポカになるエコハウスをつくってしまったのだとか!上の階なら、真冬でも暖房なしで室温を15〜20℃に保てます。いや〜スゴイ。

家の中に家があるという斬新なアイデアですが、もちろん機能面でも魅力的な部分がたくさんありました。

家を「温室」でカバー!

「エコハウス」スウェーデン

太陽光が当たって自然に暖まる仕組みの住宅。強化ガラスによってカバーされており雨風を防げます。

「エコハウス」スウェーデン

屋上には、遊び場も。外にいる感覚ですが、屋内なので道具を出しておいても天候で汚れる心配なし!それに…

ハーブ・野菜・フルーツが
スクスク育つ!

「エコハウス」で育つ野菜 スウェーデン 「エコハウス」で育つトマト スウェーデン「エコハウス」スウェーデン

家全体がビニールハウスみたいなものですね。もちろん野菜の栽培にも◎。トマトやキュウリがよく育つそう。そのほかグレープの木やフルーツも。

家全体が「エコハウス」仕様 スウェーデン「エコハウス」スウェーデン

この家だと屋根が要らないのよね

と語る家主。先に紹介した屋上も、もともとあった屋根を取り外してつくったものだそう。上を見上げるとこんな感じ。

「エコハウス」スウェーデン

とても開放感がありますよね。もちろん暖房器具が完全に要らなくなるわけではありませんが、特別な体験になることは間違いなさそう。家の中に庭がある感覚でしょうか。

寒い地域で暮らすときの「新しい選択肢」になりえるかも?

Licensed material used with permission by Kirsten Dirksen

関連する記事

途上国が持つポテンシャルを世界に発信するアパレルブランド「マザーハウス」より、新たに「食」に関するブランド「Little MOTHER HOUSE」が誕生。
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
3Dプリントのフローティングハウス「prvok」は、チェコ共和国の彫刻家Michal Trpakと建築協会「Stavebni Sporitelna Ces...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
ベルギーに本社を構える「Hang-in-out LLP」の代表作「カクーン(Cacoon)」の新製品「ドゥオーモ(DOMO)」が誕生。
スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
「Afternoon Tea LIVING」は、未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグを再生利用したエコバッグを公式オンラインショップにて数量限定で発売。
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムが、日本で初めてとなる常設の大型総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」を、国際カミングアウト・デ...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
テレワークが進めば、住める場所の可能性も広がる。それならいっそ、いろいろな場所を転々と巡る、ヤドカリみたいな生活がしたいと思うわけだが......。これが...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
ツリーハウスとは、生きている樹木を土台にして建てられた建造物のこと。まあ、トム・ソーヤーみたいな冒険心は味わえるが、その喜びはつかの間。たとえ、どんなに絶...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
アーティスト向けのシェアハウス「うみがめ舎」が、今月1日、江ノ島・鵠沼海岸の近くにオープン。活動の幅を広げるサポートが充実しており、本気でプロを目指す人に...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...