ひまわりのようなデザインの「カーボンポジティブハウス」

カーボンニュートラルやカーボンゼロなど、脱炭素社会への関心が急速に高まるなかで、排出量以上の二酸化炭素を吸収するカーボンポジティブな建物「Sunflower House(ひまわりの家)」が設計された。

その舞台は、熱波がより頻繁かつ極端になりつつある、なだらかな農地とひまわりの黄色い畑で有名なイタリアのウンブリア地方

「Bringing nature back to our cities(わたしたちの街に自然を取り戻す)」をコンセプトに活動する建築家・高田浩一氏が手掛けたこの家には、見た目以外にもひまわり要素がたくさん。

さて、どこにひまわりらしさが隠されているのだろうか?

© koichitakadaarchitects/Instagram

まずは、太陽光パネルの花びらが付いた円形の屋根にご注目。

建物の中心(茎)を中心に回転するパネルが、太陽の向きに合わせて傾くことで、1日を通して日射量を最大化

これにより、固定型パネルなどの静的なシステムよりも、40%も多くのエネルギーを発電・蓄電することができる。

また、屋根の周囲が下にある窓をカバーし、換気を助けることで、建物を直射日光熱波から守って快適に過ごさせてくれる効果も。この屋根伝いに集めた雨水は茎を通って貯蔵され、トイレなどの生活用水に使用することも可能だ。

© koichitakada_official/Instagram
© koichitakadaarchitects/Instagram

さらに、その配置にもひまわりらしさが。

ひまわり畑に見られるように、過密を回避し、日光への露出を最大化するジグザグ形式を採用している。

高田氏は「designboom」の取材に「デザイナーや建築家は、美的な意味で自然から着想を得ることについて話しますが、それよりもはるかに深く取り組む必要があります。それは、建物を自然らしく見せることだけではなく、私たちが住む家、働き、遊ぶ地域、そしてこの地球に、前向きな環境変化をもたらすことです」と語った。

環境を尊重しつつ、そこに住む人間の幸福を高める力を持つ、エコな建築。住宅の常識が大きく変わる日も、そう遠くないかもしれない。

© koichitakadaarchitects/Instagram
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今、すべての人が学ぶべき考え方「カーボンニュートラル」。この記事では、その意味や現状について紹介していく。
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...