地上は雷雨。しかし、その上空37,000フィートの世界は、こんなにも美しかった

中学生の頃、ひとりで初めて乗った飛行機。通路側の座席から必死に窓の外を見ようとしている私を見かねて、知らないオジさんが窓側の席を譲ってくれました。ホントに嬉しくて、それはそれは夢中になって外を眺めていましたね。

すると突然、真っ白に雪化粧をした富士山の頂上が視界に飛び込んできた。あのときの興奮は今でも忘れられません。「飛行機に乗ると、こんな世界が見られるのか……」。

私が見たものと類は違えど、ここで紹介する雲の上の景色は、Santiago Borja Lopezさんにとっても一生忘れることのできないものになったはず。

「雷雲」がこんなにも
神秘的って知ってた?

Ab6918c9d3d9629301e877a5da42e645a70c8bcf

舞台は太平洋上空、37,000フィート(約11キロ)の世界。彼が目にしたのは、この美しすぎる雷雲!

「簡単ではなかったけど、満足のいく一枚が撮れて良かったよ。雷雲がどれだけ大きなものか、そしてそのパワーがどれだけすごいかがわかるはずだからね」と「The Washington Post」のインタビューに答えています。

過去には、こんな一枚も

1b3fe804f3b029df1b79b3a4be0ddeeaff05b4d2

実は彼、昨年もベネズエラ沖で神秘的な雷雲の撮影に成功。もはや「雷雲フォトグラファー」として確固たる地位を築いていると言えるかも?

それにしても、よくよく考えてみると、雷を「見下ろす」ってとんでもない体験……。これを機に、あなたも記憶に残っている飛行機からの風景について考えてみて。

Licensed material used with permission by Santiago Borja Lopez
「パイロットにしか見られない景色がある」とはよく聞く話ですが、この雲もその最たる例。オーストラリアのパースからアデレードに向かう途中で上空から撮影されたこ...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
独断と偏見でピックアップしました。
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
あなたの部屋の雰囲気をガラッと変えてくれそうなアイテム、その名も「floating」。磁力によって空中に浮かぶ雲の形をしたスピーカーで、音楽と連動してLE...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ボストン生まれの写真家Zack Secklerは、大学を卒業後2003年から活動を始めましたが、自分のスタイルを見つけるまでに5年かかったと言います。そし...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
Davide Sassoさんは、3型2色覚(青色盲)の人たちがどのような世界を見ているのかを表現した。個人的には、雲ひとつない空も少し霧がかったような、ぼ...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
初めて飛行機に乗ったとき、どうしても窓際の席に座りたかったことを思い出しました。それほどまでに、空からの景色は非日常的で美しいもの。でも一番の特等席は、普...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?