【人工衛星で撮影】 地上600kmから見下ろすと、 世界はこんなにも“奇妙”だった・・・

地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?

ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目を集めた佐藤健寿氏による写真集『SATELLITE』では、その新たな「絶景」を多数紹介。

独特の色や模様が広がり、いずれも一目見ただけでは国も場所も特定できない。街や工場、農村地帯や砂漠など地球上のありふれた風景、そして、世界遺産の絶景でさえ、どこか不気味なメッセージを発しているようだ。

オルドス/中国

{   bandList =    [     4;     3;     2;   ] }ところどころ幾何学図形にも見えるこの写真。実際は、高層マンションが立ち並び、モダンなデザインの美術館や壮麗な彫刻が乱立し、中国の勢いを象徴している。だが現在は、石炭バブルが弾けた影響で、ゴーストタウンと化している。

安山/韓国

07碁盤の目状にびっしりと、青い家々が埋め尽くされている。ここは1970年代中頃、労働者が住まう住宅街として建設された工業都市。韓国ではもともと高貴な家のシンボルであった青瓦を真似て、青い屋根の家が急増したと言われている。

ドゥラット・アル・バーレーン
/バーレーン

046-453_R1C1中東の島国、バーレーンで現在開発が進行中の人工島。馬蹄型の6つの島と5つの魚型の島からなり、それぞれは橋で結ばれている。完成は2015年いっぱいを見込んでおり、5つ星のリゾートホテルやゴルフ場の建設が進行中だ。

リッセ/オランダ

053-102-Edit copy
この美しい景観は、オランダ南部、チューリップの栽培で知られるリッセ。1年のうちわずか8週間だけ見られる「花の絨毯」をひと目見ようと、世界中から観光客が殺到するという。

京葉工業地帯/日本

03「カラフルな重戦車」とでも喩えたくなるこの光景は、埋め立て地に広がる京葉工業地帯。火力発電所や石油コンビナート、鉄鋼業を中心とした重工業の拠点として栄え、日本の高度経済成長時代を支えた。

グワーダル/パキスタン

01砂時計のような形をした物体はアラビア海に浮かぶ岬で、中央アジアと中東を結ぶ海運の要衝。現在は中国管轄で開発が進み、香港からアフリカへの海運ルートを確保する重要な拠点だという。

ラック・ローズ/セネガル

105-r_R1C1-Edit西アフリカ・セネガルにあるレトバ湖。大西洋から流れ込んだ海水が灼熱の太陽で蒸発し、大量の塩を生む。ここに棲息するドナリエラという藻類が化学物質を発し、湖がピンクに染まるという。

ルブアルハリ砂漠/サウジアラビア

{   bandList =    [     4;     3;     2;   ] }ルブアルハリ砂漠は、サウジアラビアやオマーンにまたがる大砂漠地帯。赤い砂紋の間に「サブカ」と呼ばれる青白い塩床が広がる奇景で、東西1000㎞、南北500㎞にまたがり「何もない場所」を意味する。

ベシボカ川/マダガスカル

121-3_R1C1なにやら植物の根っこにも見えるが、写っているのは全長525kmある川。川を染める赤色は、上流の土壌から流れ出た赤土。もともと河口部は豊富なマングローブに囲まれていたが、森林伐採と農地開発により赤土が川へと流入していき、幻想的で悲劇的な光景を生み出した。

富士山/日本

125-112_R1C1
雪化粧の富士山を俯瞰で見ると意外にもこんな姿。普段見慣れた優美な佇まいからは遠く、むしろそれが巨大な火山だという事実を物語っている。

これほどまで高画質でワイドな衛星写真はある意味貴重。それもそのはず、世界最大の民間人口衛星撮像企業、米・デジタルグローブ社のバックアップにより初めて撮影が実現したのだ。

ここであなたが目にしたものは、写真集のほんの一部。さらなる「奇妙な世界」を体感してほしい。

SATELLITE
コンテンツ提供元:朝日新聞出版

弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...
本体はビーチボールのような空気を入れるタイプ。とはいえ、ただ“ビーチボールに地図をプリントしました”ってもんじゃなくて、人工衛星からの最新データをもとに精...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
湖南省の張家界武陵源。その代表的な観光名所「天門山」に、入り口から続く999段(およそ300m)の階段があります。まさしく、心臓破りの坂ならぬ「階段」。こ...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...