こんなにきれいだったんだ・・・「梅雨」の魅力に気づかせてくれる写真9選

フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。

でも、「雨の日にしか撮れない写真がある」のもこれまた事実。ここでは、日本人フォトグラファーの鈴木秀総さんが切り取った、梅雨の日本の美しさを堪能してみてください。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

お寺の神秘的なアジサイや、荘厳な那智の滝、まるで絵画のような透明度の高い池。とかく鬱陶しい季節だと言われがちな「梅雨」ですが、そこには日本特有のあじわい深さがありますね。

旅行先で雨に打たれた時はガッカリするかもしれませんが、ちょっと目線を変えるだけで、今までにはない美しい風景が切りとれるのかもしれません。

National Geographic」や「MY MODERN MET」など、海外メディアでも活躍する、フォトグラファーの鈴木さん。彼のFacebookInstagramもチェックしてみては?

Licensed material used with permission by 鈴木秀総
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
梅雨でも雨の日を楽しくするアイテムとして「天候で結晶が変わるオブジェ」「スニーカー用レインカバー」「オリジナルプリントの傘」などをご紹介。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「星のや富士」が提供する「雨グランピング」は、”雨の良さと美しさ”を存分に味わえる期間限定のグランピングイベント。「雨だからこそ!」という新たな選択はいかが?
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...