東京を訪れて、失っていた情熱を取り戻したフォトグラファー

アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送っていたそう。

そんな彼に、もう一度写真を撮る気力を与えてくれたもの──。それが「東京の街並み」でした。

小さくて大きな街
「東京」

もともと彼が東京を訪れたのは、写真を撮るためではありませんでした。ずっと日本文化に興味があり、友人と観光でやってきたそうです。

プライベートで、気分転換のために訪れた東京。しかし、街並みを見ていると、彼の胸にある思いが去来します。

「この街で写真を撮りたい」

Patrickさんに、東京を訪れたときのことを聞いてみました。

「初めて東京を訪れて、静かなのにどこか混沌とした風景、眠らない街、行き交う人々の優しさに心を動かされた。

忘れられないのは、雨が降る早朝5時に写真を撮りながら歩いたこと。そしてそれが、とても楽しいと思えたこと。東京は小さいけれど、大きな街だった。あの街の中で、僕は大切なものを取り戻せた気がしたよ」

 

私たちにとっては見慣れた風景でも、彼の目を通すと知らない場所のように感じられるのも不思議です。

もちろん、アムステルダムに戻った今でも、彼は写真を撮り続けているという。またいつか日本を訪れて、もう一度東京の街を、そしてできれば日本全国を旅して写真を撮りたいんだ、と夢を語ってくれました。

その日まできっと、写真に対する情熱の火を絶やすことなく、シャッターを切り続けていくのでしょう。

Licensed material used with permission by Patrick Mordi, (Instagram)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!