東京を訪れて、失っていた情熱を取り戻したフォトグラファー

アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送っていたそう。

そんな彼に、もう一度写真を撮る気力を与えてくれたもの──。それが「東京の街並み」でした。

小さくて大きな街
「東京」

もともと彼が東京を訪れたのは、写真を撮るためではありませんでした。ずっと日本文化に興味があり、友人と観光でやってきたそうです。

プライベートで、気分転換のために訪れた東京。しかし、街並みを見ていると、彼の胸にある思いが去来します。

「この街で写真を撮りたい」

Patrickさんに、東京を訪れたときのことを聞いてみました。

「初めて東京を訪れて、静かなのにどこか混沌とした風景、眠らない街、行き交う人々の優しさに心を動かされた。

忘れられないのは、雨が降る早朝5時に写真を撮りながら歩いたこと。そしてそれが、とても楽しいと思えたこと。東京は小さいけれど、大きな街だった。あの街の中で、僕は大切なものを取り戻せた気がしたよ」

 

私たちにとっては見慣れた風景でも、彼の目を通すと知らない場所のように感じられるのも不思議です。

もちろん、アムステルダムに戻った今でも、彼は写真を撮り続けているという。またいつか日本を訪れて、もう一度東京の街を、そしてできれば日本全国を旅して写真を撮りたいんだ、と夢を語ってくれました。

その日まできっと、写真に対する情熱の火を絶やすことなく、シャッターを切り続けていくのでしょう。

Licensed material used with permission by Patrick Mordi, (Instagram)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。