あの日、あの場所で、あの人と見た空。

約2年前、80歳の祖母と旅行にでかけた。行き先はハワイ。一週間ほど滞在し、最終日の夕方に見た空が今でも忘れられない。

地平線に近くなればなるほど、ぼやけた暖色系に近づくグラデーション。忘れられない理由は、その光景が幼い頃から家の居間に飾られていた写真にとても似ていたから。

それは、両親がハネムーンでハワイに行った時に購入したもの。だから私は空を見ながら家族を思い出し、はるか遠い記憶の子ども時代を思い出し、懐かしい気分になったのだ。

フォトグラファー、Nicole Magnoliaさんの写真を見た時もそうだった。

ぼやけた雰囲気は
私だからこそ。

9歳から写真を撮りはじめたというNicoleさんは、生まれつき視力が悪く、昔の記憶はぼやけているものが多いのだそう。だから彼女は撮影の時、焦点をぼかして撮ることが好き。そうすることで、自分の中にある世界を表現できるから。

Nicoleさんだからこそ生み出せる「ぼやけた世界」。あなたならこれを見て何を思い浮かべる?

Licensed material used with permission by Nicole Magnolia, (Instagram)
他の記事を見る
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
撮影をしたAdam Freundilchさんによると、ここはルーマニア西部のオラデア。彼の故郷なんだそう。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
「言葉にできない」と、思っていたけれど。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
Davide Sassoさんは、3型2色覚(青色盲)の人たちがどのような世界を見ているのかを表現した。個人的には、雲ひとつない空も少し霧がかったような、ぼ...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...