あの日、あの場所で、あの人と見た空。

約2年前、80歳の祖母と旅行にでかけた。行き先はハワイ。一週間ほど滞在し、最終日の夕方に見た空が今でも忘れられない。

地平線に近くなればなるほど、ぼやけた暖色系に近づくグラデーション。忘れられない理由は、その光景が幼い頃から家の居間に飾られていた写真にとても似ていたから。

それは、両親がハネムーンでハワイに行った時に購入したもの。だから私は空を見ながら家族を思い出し、はるか遠い記憶の子ども時代を思い出し、懐かしい気分になったのだ。

フォトグラファー、Nicole Magnoliaさんの写真を見た時もそうだった。

ぼやけた雰囲気は
私だからこそ。

939a1a5234e5251517041396b0ef6dac0eb5c6de2db8549c0736841e64b1cd9ae21ce5119fdcbc4dFe17b2d22b85a1c59fb87539e2849479c11b03d9

9歳から写真を撮りはじめたというNicoleさんは、生まれつき視力が悪く、昔の記憶はぼやけているものが多いのだそう。だから彼女は撮影の時、焦点をぼかして撮ることが好き。そうすることで、自分の中にある世界を表現できるから。

Eb7b697a985c465f9a3696f9f6ae295f2a18b9a9A746201ce59db3386afa014903df6f80dbc9dd0a8cd4b8a1ff1e50cdf731b1937d8a8f0d5c14377e53cfa5f0f86dde48dba56c512a62d1b5adb4cc61F411eb7de31cbaf61b2e3c3f5b53e24450efbf3389058dc2fc1a1daa2d8b6253c1acc5cf257f41d8

Nicoleさんだからこそ生み出せる「ぼやけた世界」。あなたならこれを見て何を思い浮かべる?

Licensed material used with permission by Nicole Magnolia, (Instagram)
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
撮影をしたAdam Freundilchさんによると、ここはルーマニア西部のオラデア。彼の故郷なんだそう。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
Davide Sassoさんは、3型2色覚(青色盲)の人たちがどのような世界を見ているのかを表現した。個人的には、雲ひとつない空も少し霧がかったような、ぼ...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
カメラアプリ「HUJI」は、まるで「1998年に撮ったような写真」が撮れるカメラアプリ。あの時代を懐かしむ人も、その頃に生まれた人も、まったく新しいかたち...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...