家のど真ん中にある庭に座ると浮遊しているように感じる「空飛ぶ家」

ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。

ちなみに、この家の所有者は若いパイロットなんだとか。仕事だけでなく、プライベートでも大好きな空を感じたかったのだろうか?

では、家の中をご案内しよう。  

庭を生活の中心とする発想

家のど真ん中にどーんと大きな庭が設置されている。これは中庭なのだろうが、リビングの延長としても使えることができるスペースになっている。

お天気がよい日には食事も楽しめそうだし、読書やお昼寝をするにはもってこいの空間だろう。で、そこに座ると、不思議な家屋のフォルムのせいか、まるで空に浮遊しているように感じるのだ。さながら、緑の空飛ぶカーペットといったところだろうか。空へ伸びるような壁や屋根のデザインも手伝って、今にも、飛んでいきそうな錯覚にもとらわれる。

韓国では、住居を建てる際に風水的に良い地形を選ぶのが一般的。住居の敷地に自然を持ち込む発想はないようだ。庭を生活の中心にするという発想は、これまでの暮らしを丸ごと新しくしてくれるに違いない。 

気持ちのいい緑が
庭から屋上へと続く

庭から屋上へ続くアプローチも非常にユニーク。中庭から連続して続く芝生の緑が、開放感を与えてくれる。暖かい日には、迷わず裸足で歩き回りたくなる。間違いなく気持ちよさそうだよね。

どこにいても空が感じられる
居住スペース

室内に目を向けてみよう。床から天井までの大きな窓からは、さんさんと太陽が降り注いでいる。真っ白い外壁に反射した光は、室内を明るく照らしてくれる。その眩しさは写真からも充分に伝わってくるほど。庭に光を遮る障害物はないので、キッチン、リビング、ベッドルーム…どこにいても陽光が入ってくる。そして、見上げれば青空。ここでなら、いつでも空を感じることができそうだ。

雨の日はどうなの?なんてツッコミもあるかもしれないけど、雨の日があるからこそ、尚更晴れの日の素晴らしさだって味わえるはず。それに、雨の恵みがあるからこそ、庭の芝だって木だって健康に育つというもの。空が視界に入ってくる分、空のことをいろいろと考えてしまったりするのだろうな。

全身で空を感じながら生活するなんて、羨ましい限り。きっと、空飛ぶ夢だっていっぱい見られそう。

Licensed material used with permission by IROJE KHM Architects
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
初めて飛行機に乗ったとき、どうしても窓際の席に座りたかったことを思い出しました。それほどまでに、空からの景色は非日常的で美しいもの。でも一番の特等席は、普...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
アメリカ・ワシントン州にひっそりと、「白雪姫の家」が建てられていたんです。Olallaという山と湖が綺麗な町で、格安の約8,700万円。森も水車も含めてこ...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...