足元に広がるのは、私たちが見逃している絶景。

以前も紹介したことがある、水たまりを撮影するフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。いわく、「息を飲むような景色は雨が止んだ直後の水たまりに映っている」とのこと。

写真に取り上げられている街やストリートは、訪れたことがある人なら見てすぐにピンとくるはず。今回は、記事の最後に場所を紹介するので、ぜひ最後まで見てみて。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

10.

答え合わせはこちら!

①ロンドン
②トロント
③ニューヨーク(セントラルパーク)
④ウィーン
⑤マドリード
⑥ロンドン
⑦リスボン
⑧バーゼル
⑨バルセロナ
⑩セビリア

これだけ水たまりの写真があれば、撮影の度に雨を待っているのかと思ったけれど、そんなことはないみたい。ただ、降り始めると「仕事がくる」と“使命感”を感じるとのこと。

これまでRuizさんは、ヨーロッパと北米の12カ国を旅してきたそう。次はアジアを目指しているということで、彼のレンズを通して見る「水たまりの日本」にも期待したい。

Licensed material used with permission by Guido Gutiérrez Ruiz
他の記事を見る
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
ある日、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていたGuido Gutierrez Ruizさんは、足元にある水たまりに目を留めました。するとそこには、空の雲が映...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。