足元に広がるのは、私たちが見逃している絶景。

以前も紹介したことがある、水たまりを撮影するフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。いわく、「息を飲むような景色は雨が止んだ直後の水たまりに映っている」とのこと。

写真に取り上げられている街やストリートは、訪れたことがある人なら見てすぐにピンとくるはず。今回は、記事の最後に場所を紹介するので、ぜひ最後まで見てみて。

01.

F77d3db41aa2b2005954cc26522791ca768d5912

02.

D7e550302e61e7275d8046f8e2c12324b5c46caf

03.

197fabd4fba266ec8580f6797f0ceff68128a16b

04.

C805315be8b32a3a4f6bd328692fa1d64f5e1dc3

05.

Fa2ce9e5229e8efcc1d06a3add88e63df9a962ec

06.

Adcfea3c4ed0f4b56cbe2f220869e16967d81c65

07.

25fe978537e105034bf197a33b6ce71c9ba8b9e1

08.

Ad55ab01796eb2469bce150666d32637e929da0a

09.

F2eac4e869d326330c85790b443c8e8aa6f618d0

10.

F4a1ffd877322530dcf53793637023f5e3076dc5

答え合わせはこちら!

①ロンドン
②トロント
③ニューヨーク(セントラルパーク)
④ウィーン
⑤マドリード
⑥ロンドン
⑦リスボン
⑧バーゼル
⑨バルセロナ
⑩セビリア

これだけ水たまりの写真があれば、撮影の度に雨を待っているのかと思ったけれど、そんなことはないみたい。ただ、降り始めると「仕事がくる」と“使命感”を感じるとのこと。

これまでRuizさんは、ヨーロッパと北米の12カ国を旅してきたそう。次はアジアを目指しているということで、彼のレンズを通して見る「水たまりの日本」にも期待したい。

Licensed material used with permission by Guido Gutiérrez Ruiz
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
ある日、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていたGuido Gutierrez Ruizさんは、足元にある水たまりに目を留めました。するとそこには、空の雲が映...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
フォトグラファーのジュリアン・レイテル氏が撮影したのは、凍結した火山の内部にあった秘密の絶景だ。これまでも写真家・冒険家として様々な火山の内部や雪山など、...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。