【言ってみたい】自分の肉体さえあれば、服なんてジャマだろ?

屈強で美しい肉体こそ、究極のオシャレ。

服で隠してしまうなんて、野暮だと思いませんか?

「何を言っているんだ?」と思ったみなさん、とりあえずこちらの写真を見てください。

「服」を吹き飛ばしてみた

世界で一番クリエイティブなものーー。それは人間が生まれ持った「肉体美」なのかもしれません。

男性たちの自信に満ちた表情も注目したいところ。

これも、ひとつの
クリエイティブ

でも、なんで服を吹き飛ばしたの?

LA在住のフォトグラファー、Devin Mitchellさんに聞いてみました。

ファッションフィットネス男性のカラダの3つを組み合わせたアイデアだよ。かつてない、新しい感覚を味わってもらえるんじゃないかな。

伝えたいメッセージ?そんなものはとくにないけど、作品を見て『クリエイティブだな』って思ってもらえれば本望だよ」

そういえば、10年くらい前に「妄撮」なんてのが流行ったっけ。その男性版とでもいいましょうか。

「素敵なあの男性の、服の下はどうなってるんだろう…?」

そんな妄想に応えてくれたエンターテイメントとも言えるし、肉体美をあらわにしたアートとも言えます。

ハマってしまったあなたはぜひ、彼のInstagramでさらに妄想を膨らませてみてください。新作もなかなかマッチョですよ。

Licensed material used with permission by Devin Mitchell, (Instagram)
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...