手足を失った元兵士の写真集。肉体美が伝える「戦争」という現実

アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写真集のモチーフとしたのは、戦争で手足を失った元兵士たちだった。 戦争2 戦争1 「サモトラケのニケ」や「ピエタ像」を連想させる構成、両手を失った天使に義足のモデルが独特の世界観を表現している。背景にすっくと生える2本の柱は、あるいは彼らの手足を奪っていった爆弾を象徴しているのだろうか。 戦争3 戦争4 戦争5 戦争8 今回モデルに協力したのは、アメリカ陸軍、空軍、そして海兵隊の元兵士たち14人。彼らは湾岸戦争で、イラク戦争で、さらにはアフガニスタンでの対テロ戦争に出兵中、負傷した人々だ。Stokes氏が伝えるところによれば、彼らの多くがIED(即席爆破装置)と呼ばれる、言わば手製の簡易爆弾によって手足を失ったそう。 撮影中 Stokes氏は、悲観的になりすぎないことを最も意識したと自信のFacebookで心境を記している。この作品が、手足を失った人々への同情を呼ぶものになってはいけない。純粋に彼らの肉体の美しさに焦点を当てて欲しいと。そこに彼の最大の目的があったよう。 戦争6 戦争12 戦争9 スクリーンショット 2015-07-30 15.06.29 米メディア「People」の取材に対するStokes氏の発言からも、その主張が伺える。

「手足が切断されているからって、魅力的に撮っちゃいけない理由がどこにあるというんだい?彼らはみんな、他のモデルたち同様、柔軟に受け入れてくれたよ。一部の人々は、彼らの傷ついた心をなだめる最良の方法だと言うだろうし、再び立ち上がる勇気を与えたなんて思うだろう。でも、彼らはみんな、未来に向かってすでに歩み始めているよ。僕は彼らに何も与えてなんかいない。彼らは何も失ってなんかいないんだ」

戦争11 11月発行予定の写真集『Always Loyal』は、現在クラウドファンディング「Kickstarter」で、出資金を募集中。集まった金額の一部を戦争で負傷した兵士たちを支援する、活動団体に寄付することが決まっている。

Reference:People , Kickstarter
Licensed material used with permission by Stokes Michael

ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
どちらの顔も、自分の顔。
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。