【閲覧注意】負傷した兵士たちの写真作品。戦争のリアルを直視できますか?

ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実。撮影したカメラマンからのメッセージは、目を背けずに「直視すること」です。

“The Unknown Soldier”
(無名の兵士たち)

Nickimages © David Jay/David Jay Photography

写真で水中にいる彼はNicholas Vogt大尉。2011年アフガニスタン駐留中に戦闘で負傷し、両足を失いました。アメリカに帰還し、ウォルターリード米軍医療センターで療養中の彼を写真に収めたのが「The  Unknown Soldier」プロジェクトを手がけるカメラマンDavid Jay氏です。

「ナショナルパブリックラジオ(NPR)」によると、NYを拠点に活動するJay氏はもともと、『VOGUE』や『COSMOPOLIAN』などで活躍するファッションフォトグラファーでした。しかし、乳房切除痕の残る女性の肖像画シリーズを撮影したことで、彼のライフワークはファッションとはまったく別のものに。
「ファッションは美しく妖艶だが、すべて虚偽の世界だった」。以後、Jay氏の視点は“真実”に焦点をあてたものへと変わりました。

兵士の心を動かした
カメラマンの信念

Nick2images © David Jay/David Jay Photography

Jay氏はこの「The Unknown Soldier」プロジェクトを進めるにあたって、毎日のようにVogt大尉がいる病院に通い詰め、撮影の趣旨を何度も丁寧に説明したそうです。その甲斐あって、誰にも言えずにいた“心の葛藤”を作品に込めて欲しいと、自らの姿を撮影することを許可したと言います。

「手足を失ったとき、親友を失ったように思えたんだ。もちろん、今でも彼らと一緒にいたい。だけど、もう二度とそれは叶わないこと。その気持ちを再び奮い立たせ、残された体と命に感謝して“今”を生きている」

その後、Jay氏は約3年をかけて、イラク、アフガニスタンでの戦闘で負傷を負った兵士たちをカメラに収めていきました。

彼らの傷痕は
国民一人ひとりの傷痕

Laylaimages © David Jay/David Jay Photography

Mattimages © David Jay/David Jay Photography

Tomasimages © David Jay/David Jay Photography

PA266660-Editimages © David Jay/David Jay Photography

P7223784-Editimages © David Jay/David Jay Photography

PA056143images © David Jay/David Jay Photography

Michaelimages © David Jay/David Jay Photography

P9145571-Edit-2images © David Jay/David Jay Photography

Jerralimages © David Jay/David Jay Photography

「彼らの傷痕は、我らアメリカ国民一人ひとりが負っているのと同じ」

「写真を通して彼らを直視すること」それが、真に戦争を理解していくことの最初のステップになると、自身の信念を訴えるJay氏。
「The  Unknown Soldier」の作品の一部は現在、イラク、アフガニスタンでの戦闘を伝える貴重な資料として、米国議会図書館に保管されています。

DSC_6629images © David Jay/David Jay Photography

Reference:NPR
Licensed material used with permission by David Jay Photography

アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
どちらの顔も、自分の顔。
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...