1週間分のゴミを撮っていたカメラマンが、今度は「子どもの朝食」を撮り始めた理由

「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間分のゴミを撮影するプロジェクトを運営。

「私たちが消費するもの、そして捨てるものは、私たちの健康と地球の健康のストーリーを語っているのです」というGreggは、2014年に家族や友人知人たちに「1週間で出たゴミをとっておいてほしい」と頼みました。

そして、そのゴミと一緒に並んで寝てもらい、写真を撮ったのです。 

こんなにたくさん
ゴミを出していたんだ!

1週間で出るそのゴミの量にびっくり。Greggによると、この写真撮影に参加した人たちは、これを機に自分たちの出すゴミの量を自覚するようになり、ゴミを減らすような心がけをするようになったそうです。

この「7 Days of Garbage」という一連の写真は、大きな反響を呼び世界中のメディアで取り上げられたのです。

そしていま
「子どもの朝食」を撮る

消費の問題について常に考えているGreggは、ゴミの写真を撮る中で、食べ物のことについてもより深く考えるようになりました。体に良い食べ物、悪い食べ物の話はよく話題にのぼるようになりましたが、実際に人々の食事はどれだけ変化したのだろう、と。

そこで今度は、1週間で食べたものを全て記録しておいてほしい、と子どもと両親にお願いしました。記録が終わると、1週間のご飯を再現し、テーブルの上に並べて子供と一緒に撮影したのです。「Daily Bread」プロジェクトのスタートです。

Greggは、世界の食事を撮影して、「食事のスペクトラム」を作ることを目標にしているそうです。ヒマラヤの山脈に住んでいる子どもとウィスコンシン州の郊外に住んでいる子どもの食事は、いったいどんな風に違うのか、と。

彼は現在、Kickstarterにて「7 Days of Garbage」と「Daily Bread」を国外でも撮るための資金を募集しています。

Licensed material used with permission by Gregg Segal Photography

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
12月15日、「Google フォト」の新機能として「Cinematic photos」が追加されることが発表された。この新機能、何がすごいかというと.....
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
「トルティーヤ」がどのように環境課題(水資源)に対し影響を与えるか、ある家庭を対象におこなった調査によると、1日2食トルティーヤを1週間食べ続けると、年間...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...