一ヶ月間、ナンパ男と自撮りし続けた女性が、無表情で訴えること。

「お姉さん、可愛いね!」
「1人でどこにいくの?」
「僕の車でドライブしない?」
「俺とキスしない?」

といったナンパの手口。これらの言葉は、実際にNoa Jansmaさんにかけられたもののようです。

日々、道路を歩いているだけでも不快な思いをさせられる女性を代表し、彼女はあるアクションを起こしました。

能天気な男とセルフィー

#dearcatcallers "hmmmm you wanna kiss?"

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

Noaさんの「Dearcatcallers」というInstagramのアカウントには、彼女と彼女をナンパした男性たちのセルフィーが投稿されています。その理由は、いかに女性が「性的欲求を解消する道具」として扱われているかを示すため

先に紹介した言葉の他にも、驚くことに、約10分ほどNoaさんのあとをつけまわった人もいたそう。

#dearcatcallers ... after following me for straight 10 minutes "sexy girl Where you goin'?? Can I come with you ?" ...

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

slowly following me 2 streets shouting "sexy!" and "wanna come in my car?" #dearcatcallers

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

Classic 2.0 "psssst, whoooooop, Can he have your number?" #dearcatcallers

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

"Ey sexy Chiquita! A donde vas sola?/Ey sexygirl, Where are you going alone?" #dearcatcallers

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

#dearcatcallers "Babyyyyyyyy! THANKYOU" *blowkiss* (slide ➡️)

dearcatcallersさん(@dearcatcallers)がシェアした投稿 -

見てのとおり、Noaさんは無表情。対して、隣に写っている男たちは…。彼女がセルフィーを撮ろうと提案したことが、とても嬉しかった様子。おそらく、自分がしている行為が、不快な気持ちにさせるものだと気づいていないのでしょう。

他にも上のような写真がNoaさんのアカウントには載せられています。さらに、世界中の人たちに女性が受けるセクハラを知ってもらうために、活動を続けるようです。

もう分かりますよね、ナンパは相手のことを不愉快にさせることがあるってことくらい。

Licensed material used with permission by Noa Jansma
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
 ずっと会いたかった女性に会えました。マキエマキさん。ちょっと(ううん、かなり?)ハードな自撮りをInstagramに投稿している50歳の女性です。その写...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
自撮り熟女マキエマキ(50)。
街中でのナンパは多くの場合で男性が女性に声をかけることが多い。時には女性が不愉快な言葉を投げかけられることもあり、特にアメリカでは、問題視されている。もし...
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
妊娠している9ヶ月の間、毎日、写真を撮り続けたのは、Jasmine Katatikarn。彼女は、すべての写真をつなぎ合わせて45秒間のタイムラプスをつく...
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...