もしも、ニンニクがパステルカラーだったら…。

画家にとって、白いものはすべてキャンバスになりえるのかもしれない。

この画像自体が一枚の絵に思えますが、実際には、生のニンニクに色を塗って仕上げたんだそう。形は確かにニンニクなんだけど、現実味が全くと言っていいほどない(笑)。なんだか“おとぎの世界”に登場する野菜みたい。

自然の質感と
異質なパステルカラー

マドリードを拠点とするデザイナーのTessa DonigaとChristian Baumgartnerによるユニット「Fragmento Universo」。二人がキャンバスとして選んだのは、真っ白な野菜。ニンニクやカリフラワーなど、白を基調とした素材にパステルカラーの色をつけました。

現実に疲れたときに、ちょっと現実離れしたものに触れると、心がほっと安らぐような気がします。このVegetable Canvasシリーズも同じように、やさしい色合いとあたたかみのある質感に癒やされますよね。

日常のなかに人と違った面白さを見出す。これもアートですね。

Licensed material used with permission by Fragmento Universo, (Instagram), (Facebook)

関連する記事

体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
2月12日、Android上の「Gboard」で絵文字のマッシュアップできる「Emoji Kitchen」がローンチされた。絵文字の要素と要素を自由に組み...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
名店「鮨さいとう」と現代アートギャラリー「NANZUKA」のコラボレーションにより、昼は「NANZUKA」によるギャラリー、夜は「鮨さいとう」の至高のメニ...
新宿生まれのクラフトビールが飲める醸造所併設のビアバー&カジュアルダイニングY. Y. G. Brewery & Beer Kitchen〒151-005...
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...