もしも、ニンニクがパステルカラーだったら…。

画家にとって、白いものはすべてキャンバスになりえるのかもしれない。

この画像自体が一枚の絵に思えますが、実際には、生のニンニクに色を塗って仕上げたんだそう。形は確かにニンニクなんだけど、現実味が全くと言っていいほどない(笑)。なんだか“おとぎの世界”に登場する野菜みたい。

自然の質感と
異質なパステルカラー

マドリードを拠点とするデザイナーのTessa DonigaとChristian Baumgartnerによるユニット「Fragmento Universo」。二人がキャンバスとして選んだのは、真っ白な野菜。ニンニクやカリフラワーなど、白を基調とした素材にパステルカラーの色をつけました。

現実に疲れたときに、ちょっと現実離れしたものに触れると、心がほっと安らぐような気がします。このVegetable Canvasシリーズも同じように、やさしい色合いとあたたかみのある質感に癒やされますよね。

日常のなかに人と違った面白さを見出す。これもアートですね。

Licensed material used with permission by Fragmento Universo, (Instagram), (Facebook)
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
新宿生まれのクラフトビールが飲める醸造所併設のビアバー&カジュアルダイニングY. Y. G. Brewery & Beer Kitchen〒151-005...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...