いやいやいや、そこは風景を描こうよ!(笑)

結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロジェクトは、「おもしろさ」を伝えること(と本人たち)。

ところが、これが期待通りさっぱり分からんのですよ(笑)。

作品名
「そして夏、僕はふたたび筆をとる」

エンターテインメントに情熱を注ぐアーティストHank Schmidt in der Beekと写真家のFabian Sommer。彼らのプロジェクト「そして夏、僕はふたたび筆をとる」は、セザンヌやゴーギャン、モネ、ホックニー、フリードリヒ、ポドラー、カンディンスキーなど、名だたる画家たちが愛した世界各地の景勝地へと訪れ、そこで彼らが見たであろう情景をスケッチしていくもの……のように見せかけておいて、ちょっと、何描いているだ〜!

いやいや(笑)、
そこは風景を描こうよ

そうなんです。フォトグラフィーとペイントをコンバインした彼らのウィットに富んだ作品は、わざわざ訪れた絶景を前に、描くのは自分が着ている洋服のパターンというもの。ピクチャインピクチャ効果そのものを作品とするっていう、これだからファインアートはムズカシイ。

さて、この壮大なヘンテコプロジェクトを書籍化電子書籍も)した二人。ブックになった作品集を改めて見れば、どこかのアパレルのテキスタイルコレクションにも見えなくないでしょ。

Licensed material used with permission by Fabian Schubert
他の記事を見る
時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、い...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...