いやいやいや、そこは風景を描こうよ!(笑)

結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロジェクトは、「おもしろさ」を伝えること(と本人たち)。

ところが、これが期待通りさっぱり分からんのですよ(笑)。

作品名
「そして夏、僕はふたたび筆をとる」

エンターテインメントに情熱を注ぐアーティストHank Schmidt in der Beekと写真家のFabian Sommer。彼らのプロジェクト「そして夏、僕はふたたび筆をとる」は、セザンヌやゴーギャン、モネ、ホックニー、フリードリヒ、ポドラー、カンディンスキーなど、名だたる画家たちが愛した世界各地の景勝地へと訪れ、そこで彼らが見たであろう情景をスケッチしていくもの……のように見せかけておいて、ちょっと、何描いているだ〜!

いやいや(笑)、
そこは風景を描こうよ

そうなんです。フォトグラフィーとペイントをコンバインした彼らのウィットに富んだ作品は、わざわざ訪れた絶景を前に、描くのは自分が着ている洋服のパターンというもの。ピクチャインピクチャ効果そのものを作品とするっていう、これだからファインアートはムズカシイ。

さて、この壮大なヘンテコプロジェクトを書籍化電子書籍も)した二人。ブックになった作品集を改めて見れば、どこかのアパレルのテキスタイルコレクションにも見えなくないでしょ。

Licensed material used with permission by Fabian Schubert
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、い...
創刊75年の老舗美術誌『美術手帖』が、今月21日(月)より有料会員記事「美術手帖プレミアム」の発信をスタートした。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
美術専門誌『美術手帖』が、オリジナルのポッドキャストを「Spotify」で開始した。アートとは何かについて音声コンテンツで届ける。
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...