「植物を枯らさないプランター」水も光も風もすべて自動供給!

庭がなくても室内にプランターを置いて手軽に家庭菜園……のはずが、目にしているのについ水やりや日の当たる場所への移動を忘れてしまう。そんな億劫さんに最適なスマートプランターが登場。

韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」は、室内環境で植物の発芽から生長、開花までを自動管理するスマートデバイスだ。成長に合わせて、水やりもLEDライトによる光量調整もすべてオートメーション化。

と、ここまでならば従来の類似品でも叶うわけだが、「Bloomengine」は小型空気循環ファンで風までも自動供給。じつはこの風(適度な大気の流れ)も植物を育てるうえで欠かせない。そこもちゃんと網羅した、超過保護なプランターというわけ。

「ほどんどやることがない!」といえばそれまでだが、オートモードからマニュアルに切り替え、スマホアプリと連動することで、水やりや光を遠隔からでも調整でき、植物のケアを忘れる心配もない。

クラウドファンディング「CAMPFIRE」での超早期割はすでに終了しているが、早割なら送料込みで9500円。6月発送予定。

「もう枯らしたくない」って人はこちらから。

「Bloomengine」キット
© 2020 Bloomengine Inc.
「Bloomengine」LED照明
© 2020 Bloomengine Inc.
「Bloomengine」リビング
© 2020 Bloomengine Inc.
Top image: © 2020 Bloomengine Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
多孔性のハイドロボールを使用し、土は不使用。自動散水システムと、数週間に一度の水補給でカンタンに植物を育てられる、スマート水耕栽培プランター「Botani...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。