「植物を枯らさないプランター」水も光も風もすべて自動供給!

庭がなくても室内にプランターを置いて手軽に家庭菜園……のはずが、目にしているのについ水やりや日の当たる場所への移動を忘れてしまう。そんな億劫さんに最適なスマートプランターが登場。

韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」は、室内環境で植物の発芽から生長、開花までを自動管理するスマートデバイスだ。成長に合わせて、水やりもLEDライトによる光量調整もすべてオートメーション化。

と、ここまでならば従来の類似品でも叶うわけだが、「Bloomengine」は小型空気循環ファンで風までも自動供給。じつはこの風(適度な大気の流れ)も植物を育てるうえで欠かせない。そこもちゃんと網羅した、超過保護なプランターというわけ。

「ほどんどやることがない!」といえばそれまでだが、オートモードからマニュアルに切り替え、スマホアプリと連動することで、水やりや光を遠隔からでも調整でき、植物のケアを忘れる心配もない。

クラウドファンディング「CAMPFIRE」での超早期割はすでに終了しているが、早割なら送料込みで9500円。6月発送予定。

「もう枯らしたくない」って人はこちらから。

「Bloomengine」キット
© 2020 Bloomengine Inc.
「Bloomengine」LED照明
© 2020 Bloomengine Inc.
「Bloomengine」リビング
© 2020 Bloomengine Inc.
Top image: © 2020 Bloomengine Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
ルクセンブルクの「Mu DESIGN」が開発したスマートプランター「Lüa」。植物へのお手入れ次第で、モニターに映し出される表情を変える。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」が「Makuake」にて販売中。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。