「#豆苗のある暮らし」育て方のコツ教えます

おうち時間が増え、家庭菜園を始める人が増えているようです。

とはいえ、野菜を育てたことがない人や、植物をすぐ枯らしちゃうって人には、いきなり本格的な家庭菜園はハードルが高いかもしれませんね。そこで、オススメなのが栄養価も高くて、お手頃な豆苗(とうみょう)。スーパーで手軽に買える野菜です。

豆苗は室内で再生栽培が可能で、最大で2回再収穫することができます。栽培に必要なのは水と容器のみ。いくつかのルールを守れば、ほぼ失敗なく育ちます。

そんな豆苗の魅力と育て方のコツについて紹介したいと思います。

豆苗とは?

©2020 NEW STANDARD

豆苗(とうみょう)とはエンドウ豆(グリーンピース)の若葉のこと。豆と葉物野菜の栄養をあわせ持った緑黄色野菜です。味はクセがなく、シャキシャキとした食感が特徴。

豆苗の育て方を紹介する前に、なぜ数ある野菜のなかでも、豆苗に注目するのか、その魅力について触れて(いや、力説)しておきましょう。

なぜ豆苗?その魅力とは

豆苗は栄養価が高い!

豆苗はさまざまな栄養素をバランスよく含んでいます。骨の形成を助けるビタミンKや、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンC、赤血球の生成を促すヨウ素などが代表的。

豆苗を生産する村上農園の調べによると、βカロテンとビタミンCは小松菜とほぼ同程度、豆に多く含まれるタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6は小松菜よりも2割以上多く含んでいるそうです。

豆苗は2回も収穫できるので経済的!

冒頭でも触れましたが、豆苗は1度買えば、2回再生栽培できるので、合計3回食べることができます。100円前後で買えて、3回も楽しめるなんてすごくリーズナブルですよね。

ちなみに豆苗の再生栽培は2度が限界。というのも、種の養分がなくなると育たなくなるからです。また、1回目より2回目の方が成長速度は落ちます。

©2020 NEW STANDARD

どんな料理にも合う!

豆苗の魅力はその使い勝手の良さ。サラダ、お浸し、炒め物、鍋物、パスタなど、生で食べても加熱してもよし。和食に洋食、中華、イタリアンまでどんな料理にも合うんです。

見た目のグリーン効果に癒される!

これは少し主観が入ってしまうかもしれませんが、豆苗は見た目も可愛いんです。新芽が日々成長していく姿は癒し効果絶大。TABI LABO編集部では、名前をつけて愛でているメンバー(男性)もいるほど(笑)。

育てるのが驚くほど簡単!

そしてなんといっても、豆苗は育てるのが驚くほど簡単。いくつかのルールさえ守れば、だれでも失敗せず育てられますよ。以下では、基本の育て方とコツを紹介しましょう!

豆苗の育て方とコツ

豆苗の基本の育て方は、残った根元を水に浸す。たったこれだけです。通常、7日〜10日ほどで再収穫できます。

失敗しないコツは以下の5つ。

・清潔な容器にいれる
・水は豆が浸からない程度に与える
・こまめに水をかえる(1日に1〜2回、夏場はなるべく2回以上)
・室内の明るい場所で育てる
・脇芽を残してカットする

この5つさえ守れば、豆苗はすくすく育つはずです。最後の「脇芽を残してカット」するについては補足説明をしておきましょう。

脇芽を残してカットすると成長が速い

©2020 NEW STANDARD

脇芽とは、植物が新たに芽を伸ばしていく部分のこと。豆苗の場合、豆のすぐ上に主枝から出ている芽がいくつかあります。そこを残してカットすることで、豆苗を速く成長させることが可能。

村上農園の実験によると、脇芽を完全に残してカットした場合の方が、脇芽を半分取ってしまった場合よりも、2日ほど早く再収穫できたそうです。

カットする際は、包丁を用いても、ハサミを用いてもどちらでもOK。とにかく、脇芽を残すのがポイントですよ。

豆苗はどこで買える?

豆苗は、いまやスーパーの野菜コーナーの定番。ブロッコリースプラウトやカイワレと並んで売られていることが多いです。

近くのスーパーで見つからないという人は、種から育てる方法も。Amazonや楽天で「栽培キット」が販売されているので、気になる人はチェックしてみてください。

食べて美味しい、見て楽しい!

最近、周りでも自分の育てている豆苗をSNSにアップする人が増えています。手軽に入手できる、育てるのが簡単、美味しい、経済的といった理由から再注目されているようですね。

豆苗は食べるために育てるわけですが、せっかくなので育てる過程も楽しんでみてください。

使い捨てのプラスチック容器やタッパーで育てるのももちろんいいですが、ちょっとお洒落な器に飾ると観葉植物のように。ふとしたときに目に入る緑は目に優しく、きっとあなたを癒してくれるはずです。

今日から「#豆苗のある暮らし」をはじめてみませんか?

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」が「Makuake」にて販売中。
ペットボトルを利用して、部屋で簡単に家庭菜園を楽しめるキット「Bottle Farm」が注目を集めている。このキットを使用すれば、ペットボトルを用意するだ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
ミツカングループ「ZENB」ブランドから、黄えんどう豆のみで作った麺「ZENB NOODLE」がリリース。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...