え、豆からも「ダシ」が取れるの?

和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていましたか?『キレイの秘密、「豆」生活」。 』 (幻冬舎)では、豆からとる「精進だし」が紹介されています。

豆を水煮したときのゆで汁がダシになる。

6388684731449344

だしにはさまざまな種類がありますが、そのひとつに「精進だし」があります。この精進だしのルーツは禅寺で食べられる精進料理にあります。精進料理では動物性の食材、いわゆる「なまぐさもの」を避けます。そのため、一般的なだしとして馴染みがあるかつお節や、いりこの煮干しなどは、精進料理では使えません。そこで、植物性の素材だけを使ってだしをとります。それが、精進だしです。

じつは、昆布だし、干ししいたけだしは、私たちにも馴染みのある精進だしの一種です。これらの植物性の食材でとるだしは、動物性の素材に比べるとうまみが穏やかなので、複雑味をプラスするためにほかの素材と合わせて使われることが多いです。

たとえば、かんぴょうや豆を、昆布、干ししいたけといっしょに一晩水につけ、じんわりと味を引き出します。翌日、すべての材料ごと火にかけ、數十分煮たら、滋味深い精進だしの完成です。さまざまな素材から出る独特の香りとうまみが溶け合って、淡く、やさしい味わいのだしとなります。禅寺では、このだしで野菜を煮含めたり、炊き込みごはんを炊いたりと、さまざまな料理に活用します。かつおやいりこだしのように、分かりやすいうまみとは違いますが、料理のすぐれた下地となってくれるだしです。

また、豆腐に塩をまぶして干した保存食を、精進料理ではかつお節の代用品としています。これは、「精進ぶし」とも呼ばれ、山形県では「六浄豆腐」という名前で今も製造・販売されています。

つまり、豆からも、だしがとれるということ。豆を愛する私としては、豆のだしがあまり世に知られていないことは、とても残念なことだと思っています。

5815024471769088

豆だしを簡単に味わうには、豆を水煮したときの茹で汁を一口飲んでみるのがいいでしょう。豆の甘み、うまみが溶け出してなんとも深い味わいとなっていることに気がつくはずです。イタリアではいんげん豆の茹で汁をソースとして使うパスタ料理もあるようです。きっと豆がおいしいだしとなっているのでしょう。

大豆を水煮にしたら、ぜひ、茹で汁も捨てずにとっておいてください。かつおだしで煮物をつくるときにちょっと加えるだけでも奥行きがプラスされ、さらに料理がおいしくなるはずです。

Photo by サジヒデノブ
Food & Styling byオガワヒロコ
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
あらためて「ツナ」と「シーチキン」の違いを尋ねられると、「どうなんだろう」とふと疑問に思ってしまいますよね。なかには、「同じような気がする」とか「あまり意...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。