スリム、シンプル、使いやすい。三拍子揃った財布はこちら

ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっとこんな財布を探していた。

その名は「Slim Bifold Wallet」

あの革新的な薄い財布「Tyni Bifold」で旋風を巻き起こしたTeng & Co.からの後継モデルだ。早速、ポイントをチェックしていこう。

スマホよりも小さい
サイズ感

まずは、気になるサイズから。縦は約7.5cm、横は10.7cm。何も入れてない状態なら厚さは、5mmほど。スマホよりひと回り小さいサイズ感だ。

容量の目安としては、クレジットカード8〜10枚に加え15枚の紙幣が入れられるとのこと。これなら、シャツのポケットにもスマートにインすることができる。

スムーズに出し入れができる
カードポケット

次に注目したいのは、カードを差し込める複数のポケット。

頻繁に使うカードは、財布を開いた端に、その他のカードは財布中央部分に収納できる構造となっている。しかも、素早くとり出せるように引き手もついているのだ。

さらに、もう1つ。裏面にも、カードを入れられるポケットが。複数ポケットは、ポイント高し。

紙幣へのアクセスも簡単

それから、紙幣を入れるキャッシュポケットにも要チェック。お札を2つ折りにしても、もしくは、お札の片方を引っ掛けるようにしてマネークリップ風でも2ウェイでしまいこむことができるようだ。

細かいポイントだけど、ポケットの斜めに切り込んだカットも使いやすさをアップしている。

現在、「Kickstarter」で資金を調達中。まだ1ヶ月ほどの期間を残しているのに、目標額をすでに超えているのだ。25ドル(約2,700円)というコスパの高さも多くの人の心をつかんでいるに違いない。

心が傾きはじめた人は、最後に動画をチェックしてみて欲しい。僕は、もう決めちゃた!

Licensed material used with permission by Teng & Co
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。