スリム、シンプル、使いやすい。三拍子揃った財布はこちら

ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっとこんな財布を探していた。

その名は「Slim Bifold Wallet」

あの革新的な薄い財布「Tyni Bifold」で旋風を巻き起こしたTeng & Co.からの後継モデルだ。早速、ポイントをチェックしていこう。

スマホよりも小さい
サイズ感

まずは、気になるサイズから。縦は約7.5cm、横は10.7cm。何も入れてない状態なら厚さは、5mmほど。スマホよりひと回り小さいサイズ感だ。

容量の目安としては、クレジットカード8〜10枚に加え15枚の紙幣が入れられるとのこと。これなら、シャツのポケットにもスマートにインすることができる。

スムーズに出し入れができる
カードポケット

次に注目したいのは、カードを差し込める複数のポケット。

頻繁に使うカードは、財布を開いた端に、その他のカードは財布中央部分に収納できる構造となっている。しかも、素早くとり出せるように引き手もついているのだ。

さらに、もう1つ。裏面にも、カードを入れられるポケットが。複数ポケットは、ポイント高し。

紙幣へのアクセスも簡単

それから、紙幣を入れるキャッシュポケットにも要チェック。お札を2つ折りにしても、もしくは、お札の片方を引っ掛けるようにしてマネークリップ風でも2ウェイでしまいこむことができるようだ。

細かいポイントだけど、ポケットの斜めに切り込んだカットも使いやすさをアップしている。

現在、「Kickstarter」で資金を調達中。まだ1ヶ月ほどの期間を残しているのに、目標額をすでに超えているのだ。25ドル(約2,700円)というコスパの高さも多くの人の心をつかんでいるに違いない。

心が傾きはじめた人は、最後に動画をチェックしてみて欲しい。僕は、もう決めちゃた!

Licensed material used with permission by Teng & Co

関連する記事

僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
クレジットカード、免許証、交通系ICカードなどのカード類とレシートのみが入る特殊な財布が登場。キャッシュレス派にとってありがたい新たなスマート財布。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
外出のマストアイテムを一つにまとめて持ち運べる財布「スマフォレット」を紹介。
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...