仕事がデキる人はなぜ「長財布」を使うのか?

私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を表しているのです。ここでは、財布をきれいにしておくべき理由について説明していきましょう。

1,000万円プレーヤーを目指すなら
財布を変えるべき

shutterstock_315393923_2

たとえば、あなたが「年収1,000万円は稼ぐ人になりたい」と思っているなら、自分の心を奮い立たせるような上質な財布を、多少無理してでも買ってみましょう。これもひとつの、生きたお金の使い方です。現在の年収は低くても、財布だけは年収1,000万円レベルの人と同じようなものを先行投資するのです。すると、そこに引っ張られるようにして、現実の年収が近づいてくる、ということが実際に起こり得ます。

財布は仕事・プライベートに関係なく、毎日持ち歩くもの。たとえ数万円しても、セルフイメージを高め、自分を引っ張りあげてくれるような財布を買うといいでしょう。

仕事がデキる人ほど
長財布を使っている

私はこれまで、多くの経営者の財布に注目してきました。その経験を通してわかったことは、稼いでいる人の財布のほとんどが美しく、スマートな長財布であること。そして、特徴がもうひとつ。長財布とは別に、専用の小銭入れを持っている、ということ。彼らの財布は単なるお金の入れ物やファッションではなく、お金そのものに対する「心遣い」の表れなのだ、と気づかされます。

その影響から、私も長財布と小銭入れを使い分けています。いい小銭入れは少々値が張りますが、独特のカーブの美しさ、作りの丈夫さ、使いやすさは、値段に見合ったもの、もしくはそれ以上。私が小銭を小銭入れに入れるのは、小銭として大切に扱いたいから。お気に入りのスペースに収納する感覚です。

小銭入れには
「浪費」を撃退する効果あり

shutterstock_3235007_2

「長財布と小銭入れの二つを持つと、お金を使うときに不便ではないですか?」と聞かれることがあります。私は、お金に関していえば、「面倒さ」や「不便さ」というのはあながち悪いことではない、とも考えています。

お金に関する便利さの裏には、「浪費」という名の魔物が潜んでいます。たとえば、インターネットやクレジットカードを使った買い物は簡単で便利ですが、その分買い物に対する気持ちのハードルが下がり、無駄遣いをしやすくなります。よって無駄遣いを減らすために、あえて「不便さ」を選択してもいいと思うのです。

知人のひとりは、小銭入れを持つようになってから、コンビニなどで無駄なものを買わなくなった、といいます。買い物する時点で小銭がなければ、「缶コーヒーを買おうと思っていたけれど、お札を崩してまで買う必要はない」と思うことが増えたそうです。

お金の”部屋”である財布を
いつもきれいにしておくこと

「稼ぐ人」は、今、自分の手元にあるお金そのものを大事に扱います。なにより、お金の”部屋”ともいえる財布を、いつもきれいサッパリと片づけています。財布の中が、お札や硬貨にとって居心地のよい場所となるように、配慮されているのです。

財布を片づけるときの基本ルール。それは、「今日使わないものは入れない」ということです。レシートや領収書類、今日は使うことのない大量のポイントカード、ほぼ使っていないクレジットカードやメンバーズカード…。これらのうち、「今日使うもの」だけを財布に残し、あとはすべて財布の中から取り出します。片づけた状態は毎日キープしましょう。

クレジットカードやポイントカードは
お金の「漏れ口」になり兼ねない

shutterstock_248106595_2

私は、病院の診察券の類いを除いて、カード類はすべて、お金の「漏れ口」になると考えています。クレジットカードやキャッシュカードだけでなく、お店のポイントカードもまた然り。「ポイント2倍デーだから」といって余計なものを買ってしまった、ポイントの有効期限が近づいているからといって、現金を足して不必要なものを買ってしまった、という経験はないでしょうか。もちろん、日常的によく買い物をする店ならいいでしょう。ただ、私自身は、今ではポイントカードは基本的につくらない・持たない主義です。

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか? 
コンテンツ提供元:サンマーク出版

亀田潤一郎/Junichiro Kameda

税理士。一時はホームレスでうつ病になるも、「中小企業の経営者をお金の苦労から守りたい」という使命感から、苦節10年を経て税理士の道へ。数字に苦手意識をもつ経営者向けに通帳を活用して資金繰りをよくするお金のコントロール方法を指導。

あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
金は天下の回りもの。自分のところで引き留めようとすればするほど、出て行きたがります。CAから税理士に転身した八島依子さんはこう語ります。「お金を上手に旅に...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
デキる大人とは「何かを成功へと導くために必要な能力、知識、スキルを持っている」と定義されていると「i heart intelligence」の中でJust...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
浪費癖が染み付いてなかなかお金が貯まらない、という人たちに。世界に名を馳せる「成功者」たちの倹約術をご紹介。彼ら、お金をまったく使わないっていうんじゃない...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...