外資系・敏腕コンサルが語る! 仕事がデキる人が実践している「7つのコト」

他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気になる「あの人」の共通点を外資系・敏腕コンサルタントが徹底解剖。
ここに挙げたたった7つのコトを実践するだけで、自己評価も他者評価も激変するはずだ。

01.
たとえ電車が遅れても
絶対に遅刻をしない

work

ビジネスにおいて約束を守るコトはとても大切。予想外の事態が起きても遅刻をしないあの人は、仕事でも先回りした対策を打ってくれるはず。

02.
見た目はもちろん、
小物にまでこだわりが!

初対面の人には見た目で判断されてしまうというのは良くある話。着ているものだけでなく、小物にまでこだわれるあの人は仕事の詰めもきっちりしているはず神は細部に宿る!

03.
飲み会に誘われた時、
すぐにパソコンを閉じる

他人からの誘いに対して乗るか断るかの判断がすぐにできるあの人は仕事の優先順位が常に把握できる人。仕事においても成功への道筋が見えているはず。

04.
とにもかくにも
メールの返信が早い

work

仕事を進める上でヒトとヒトのコミュニケーションは必要不可欠。メールの返信が早い「あの人」はコミュニケーションをとても大切に考えているはず。それは信頼関係の構築、そしてチーム力最大化への近道でもあるのだ。

05.
後輩の前で笑いながら
失敗談を披露できる

成功した話は誰にでも話せるもの。でも、失敗談を人前で話せるのは、それを乗り越えて成長した証。

06.
どんなに忙しい時期でも
定時で帰る日を作り出す

work

仕事は人生の一部。きちんと遊んだり、家庭を大切にすることでインスピレーションを得ている、あの人は変化の激しいこれからの時代をアイデアで引っ張っていける人物

07.
自らの弱点を隠すことなく、
「さらけ出しちゃう」

完璧であるより、他人に愛される弱みを持つことの強さを知っているあの人は、他の人よりもたくさんの応援者を持っている。そういう人には不思議と弱みを補う仲間が集まってくるもの。

知的成果を生み出すには、「思考技術」のトレーニングではなく、具体的に手や足をどう動かすか? という「心得」のトレーニングが必要になってきます。ここでは「情...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
米造形作家による作品です。
二千人のビジネスパーソンに「知的生産の技術」を指導してきた経験から、いかにして「知的生産の戦略」を立てるべきかを紹介します。01.相手が持っていない知識に...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
仕事もプライベートも充実させて、自分らしく楽しい人生を送りたいものですよね。でも、実際、仕事は多少つらくても頑張る、その分プライベートでは息抜き…なんて思...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
インプットの質と量を向上させ、ビジネスに生かすための秘策とは?いかにして「知的ストックを厚くするか」について紹介します。01.インプットに最適なのは「英語...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...