まるでコメディ!間抜けな理由で逮捕されたベルギーの強盗

10月20日、ベルギー・シャルルロワの電子タバコ専門店に、武装した6人の強盗が押し入りました。すぐに機転を利かせた店主は、「午後3時に店を襲うのはスマートじゃない」と語り、午後6時半にもう一度来るように説得したそう。6人は帰ってくることを約束し、店を後に。(いやいや、素直すぎるよ!)

そして、なんとか危機を回避した店主は警察に通報。彼らは強盗がすでに逃げてしまったと予想していたとのこと。そりゃそうだ。

ですが、フランスのラジオ局RTLがFacebookにアップロードした、店主へのインタビュー動画を見ると、予想外のことが起きていたようです。以下、一部抜粋です。

「警察は絶対に戻ってこないと言ったけど、僕はアイツらが来ると思ってた。そしたら、午後5時半に戻ってきたんだ。でも、『午後6時半は午後6時半だ。お前たちは時計を買った方がイイよ』と言って、追いやった。午後6時半になって、また6人が来たから、店に隠れていた警察が逮捕してくれたよ」

間抜け!という言葉で表現してしまうのがもったいないくらいオモシロい出来事ですよね。怪我人がでなくて何よりです。

Top image: © iStock.com/inides, iStock.com/Evgeniy Anikeev
【2018年版】世界の珍事件まとめ
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...