まるでコメディ!間抜けな理由で逮捕されたベルギーの強盗

10月20日、ベルギー・シャルルロワの電子タバコ専門店に、武装した6人の強盗が押し入りました。すぐに機転を利かせた店主は、「午後3時に店を襲うのはスマートじゃない」と語り、午後6時半にもう一度来るように説得したそう。6人は帰ってくることを約束し、店を後に。(いやいや、素直すぎるよ!)

そして、なんとか危機を回避した店主は警察に通報。彼らは強盗がすでに逃げてしまったと予想していたとのこと。そりゃそうだ。

ですが、フランスのラジオ局RTLがFacebookにアップロードした、店主へのインタビュー動画を見ると、予想外のことが起きていたようです。以下、一部抜粋です。

「警察は絶対に戻ってこないと言ったけど、僕はアイツらが来ると思ってた。そしたら、午後5時半に戻ってきたんだ。でも、『午後6時半は午後6時半だ。お前たちは時計を買った方がイイよ』と言って、追いやった。午後6時半になって、また6人が来たから、店に隠れていた警察が逮捕してくれたよ」

間抜け!という言葉で表現してしまうのがもったいないくらいオモシロい出来事ですよね。怪我人がでなくて何よりです。

Top image: © iStock.com/inides, iStock.com/Evgeniy Anikeev
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
〈raregem(レアジェム)〉の「BANK ROBBER」。つまり、銀行強盗。ネーミングこそユーモラスですが、このレーベルのプロダクトは素材感を生かした...
プロジェクションマッピングといえば、「建築物」に映像を投影するのが一般的。たとえば、東京駅の事例「TOKYO STATION VISION」がわかりやすい...
ベルギーの街角でいたるところに出没する小さな清掃員たちが話題になっている。落書きを消したり、植物に水をやったり、ゴミの山と戦ったりと街の美観を保とうとオジ...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
ヤバい。これは、ハマりそうでヤバい。曼荼羅、伸縮自在の顔、マジックマッシュルーム、ドクロなどをモチーフとしたサイケデリックなアニメーション制作しているのは...
NASAじゃなく、吉本行きーや。とつっこんでしまうおもろ映像。41秒からは、そのアホさ加減に思わず爆!まあ、見ておもろかったら「ささった!」、おもろくなか...
誰かに追いかけられる夢を見た時、その追いかけてくる相手が友人や恋人、あるいはそれほど親しくない人物であった場合、気にならないでしょうか。以前、逃げる夢につ...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
現在、ヌーディストとして世界を旅するベルギー出身のカップル。彼らが服を脱ぐようになったのは、日本では疑問に思うことのない、湯船では水着を着ないという経験を...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...