本気度が伝わる「ステラアルトワ」のサービスロボット

“ビールの都”ベルギー。同国を代表するビールブランド「Stella Artois」から、パーティの助っ人をお願いしたくなるようなロボットが誕生です。

「Stella Artois B.A.R.T.」と名付けられていて、後半の「B.A.R.T.」はBartending Automated Robotic Technology(簡単に訳すとロボットバーテンダー)の略。

お酒を注ぐことはしませんが、グラスを運んでくれたり、軽食を運んでくれたり、ゲストへのサービスを助けてくれます。

動きは決してスムーズじゃなくノロマだけれど、“健気に”運ぶその姿は憎めません。運びながらお掃除もしてくれるという点でも優秀ですし。

下の動画のとおり、ホスト役がパーティの準備に忙しくて乾杯に間に合わない!なんてこともこのロボットがいれば解決……ってことですかね(笑)。

ただ、自宅でビールを飲むのに「Stella Artois」がいい!というのは理解できました。

さぞ、便利だろうと真面目に購入を問い合わせたところ、NGの回答。ただし、「3Dプリントできるものでよければあげるから作成してみて」というコメントとともに、データが添付されたメールが送られてきました。

このロボットに対する彼らの本気度……察しておきましょう。

© 2018 Stella Artois/YouTube
Top image: © 2018 Stella Artois
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
ベルギーで先日、12世紀に作成されたレシピを使って醸造されたビールが話題となりました。最後にこのレシピで醸造されたのはなんと200年以上も前のこと。今回あ...
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。