2021年の月面探索ロボは「蜘蛛型」?!日本語由来の名前も注目

イギリス発のスタートアップ「Spacebit」「NASA」と提携し、2021年夏までに「蜘蛛型ロボット」を月面に送ると発表した。

従来、惑星探査機といえば輪や走行ベルトを使ったものがほとんどだったが、蜘蛛のような足をつけるにことにより、これまで探索できなかった溶岩洞凸凹のある地形を走破できるようになるという。

それに、月の表面は大量の微小隕石と大量と太陽放射で宇宙飛行士がいくのは大変危険なため、代わりにロボットをおもむかせるのはメリットが大きいのだとか。

ちなみに、名前は「ASAGUMO」。日本で「福をもたらす」とされる「朝蜘蛛」からきている。

約410万ドル(=約4億2千万円)の予算が投入され、機能としても惑星探査機として初めてWi-Fiを搭載する予定らしいので、人類にどんな新しい発見をもたらしてくれるのか今からワクワクが止まらない。

©spacebit
© Spacebit Company/YouTube
Top image: © spacebit
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
民間宇宙開発企業として多くのメディアで話題となっている「SpaceX」が、2021年に月面でのカーレースの開催を検討しているようだ。メインスポンサーとなる...
2021年2月18日。「Perseverance」が、火星に降り立つ。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界感を直接体感できるイベント「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が、2021年も日本各地で開催される。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...